中学公民「銀行の仕事と役割」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「銀行の仕事と役割」についてまとめています。銀行の主な仕事は、預金業務・貸出業務ですが、そのほかの仕事内容や役割をあmとめています。それでは、中学公民「銀行の仕事と役割」です。

銀行の役割

金融とは、個人(家計)や企業などの間で、資金(お金)の融通(貸し借り)を行うことで、金融は、一般に金融機関を通じて行われます。金融機関は、資金の需要者と供給者の仲立ちをします。

  • 資金の需要者…生活資金や設備資金などを必要とする個人や企業、財政資金を必要とする政府(国)や地方公共団体など
  • 資金の供給者…資金に余裕のある個人・企業・政府など

銀行の仕事

普通銀行の主な仕事は、預金業務と貸出業務である。

スポンサーリンク

定期預金

預金後、一定期間は原則として払い戻しができない預金。預金の中でも利子率が高いです。

普通預金

いつでも出し入れができる預金。定期預金より利子率が低いです。

当座預金

主に企業が使い、小切手や手形などの支払い資金となる預金で、利子はつきません。引き出しには小切手や手形を使います。銀行は、その信用によって集めた資金を、個人や企業に貸し出して利益を上げます。貸付利子と預金利子の差額が銀行の利益です。貸し出し(貸し付し)には、次のようなものがあります。

証書貸付

借用証書と担保をとって資金を貸し付ける方法。

手形貸付

借り手に。銀行を受け取り人として約束手形を振り出させて資金を貸し付ける方法。

当座貸越

銀行が当座預金をしている個人や企業と当座貸越契約を結び、その預金額をこえて貸し付ける方法。

手形割引

約束手形や為替手形を、支払い期日前に利子を差し引いて買い取る方法。

小切手や手形は、必ず現金化されるという信用をもとに流通しているが、このように信用が経済活動を基礎となるしくみを信用経済といいます。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク