中学公民「内閣の仕事」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「内閣の仕事」についてまとめています。内閣の仕事は、一般の行政事務のほか、憲法第73条を中心に、定められています。それでは、中学公民「内閣の仕事」です。

内閣の仕事

スポンサーリンク

法律の施行と各部の監督

法律を政治の上で正しく適用するとともに、行政事務(公務員に関する事務)を取りまとめて各部を監督します。

政令の制定

政令とは、内閣が憲法の法律の範囲内で制定する法のことで、その法令は、法律の委任がない限り、国民の義務を課し、また権利を制限する規定を設けることはできません。

外交関係を処理

外交使節を派遣するなど外国との交渉を行うほか、外交文書の作成や受理など外国とかかわるさまざまな仕事行います。

外国と条約を結ぶ

外交関係を処理する権限は、日本国憲法では、すべて内閣に与えられ、天皇は、外国の大使、公使の接待など形式的・儀礼的皇位を行うのみにとどまっています。

  1. 内閣 条約の調印
  2. 国会 条約の承認
  3. 内閣 条約の批准
  4. 天皇 条約の公布

予算を作り、国会に提出

予算は、各省庁の予算見積書をもとに財務省で原案としてまとめられ、閣議で政府の予算案として決定され、国会に提出されます。

その他の仕事

  1. 天皇の国事行為に助言と承認を与える。
  2. 最高裁判所長官の指名(任命は天皇が行う)、その他の裁判官の任命。

内閣

内閣は、議院内閣制で国会の信任にもとづいて内閣がつくられ、内閣が国会に対して責任を負うしくみとなっています。内閣総理大臣は国会議員の中から国会が指名し、国務大臣の過半数は国会議員から選ぶようになっています。

内閣の組織

内閣総理大臣(首相)とその他の国務大臣からなります。

  • 国務大臣…内閣総理大臣が任命する。原則14人以内。普通、各省の長が務める。
  • 閣議…内閣が開き、行政の運営について決定する。

議院内閣制

内閣が国会の信任にもとづいて成立し、国会に対して連帯して責任を負うしくみ。国民は、立法をになう議会の議員を選び、その議会に対して、行政の中心となる首相を選んだり、やめさせたりする権限を与えられている。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク