【中3国語】間の文化の定期テスト対策予想問題

【中3国語】間の文化の定期テスト対策予想問題です。

3つのポイント
・空間的な間…西洋と日本の違いに注目(日本のじゅきょには隙間、襖など余白がある。)
・時間的な間…音楽を見ても、日本には、沈黙、静寂がある。
・心理的な間…遠慮の意味にも、日本の間の捉え方がある。
→日本には、間の文化がある。(間に合う、間がいいなど)
スポンサーリンク

間の文化の定期テスト対策予想問題

教科書の「日本の家は本来~はじめて成り立つということになる。」の部分を読んで次の問いに答えなさい。

問1 「このような個室」とはどのような個室のことか。本文中の言葉を使って十五字以内で記述しなさい。

問2 「その室内は板戸…」の「その」が指す内容を、本文中から十五字で探し、記述しなさい。

問3 「軽やかさ、はかなさ」が生まれる原因は、日本の家に構造上、どういう性質があるからか、本文中から十字で書き抜きなさい。

問4 中国での「遠慮」の意味を本文中から書き抜きなさい。

問5 「日本文化はまさに「間の文化」ということができるだろう」とあるが、日本文化は「間」は何のために使用されているか。本文中の言葉を使って記述しなさい。

間の文化の定期テスト対策予想問題の解答

問1 (例)鍵のかかる扉で密閉する個室
問2 王朝時代の宮廷や貴族たちの屋敷
問3 いたるところに隙間だらけ
問4「深く考えをめぐらす」という意味
問5 ➊最も基本的な「掟」 ➋「和」を実現させるため

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました