中1数学「文字を使った式(文字式)」

シェアする

スポンサーリンク

中1数学「文字を使った式(文字式)」についてまとめています。

文字を使った式

  • 文字の使用…これまでことばや○, 口などで表していた数や量を文字(アルファベット)を使って表す。
  • 文字式…数量を表す文字の入っている式
    [例] 1本50円の鉛筆x本の代金を表す式は、50×x(円)=(1本の値段)×(本数)
    文字式は、ことがらを一般的に表すことができる。

文字式を書くときのきまり

スポンサーリンク

積の表し方

  1. 文字式では、乗法の記号×をはぶいて書く。[例] axb=ab, 3×z=3z
  2. 文字と数の積では,数を文字の前に書く。[例] xx2=2x, yx (-5) = -5y
  3. 文字と文字の積では、ふつうアルファベット順に書く。[例] bXcXa=abc
  4. 1や-1と文字との積では, 1をはぶいて書く。[例] 1Xx=x, yx (-1)=-y (注) 0.1, 0.01, …などと文字の積では, 1をはぶくことはできない。0.1×a=0.1a であり, 0.a とするのは誤り。
  5. 同じ文字の積は、累乗の指数を使って書く。

商の表し方

  • 除法の記号は使わず、分数の形で書く。

四則の混じった式の表し方

  • X, ÷は使わずに書くが, +やーは,はぶけない。

練習問題1

ある商品を買って, 1000円札を出したときのおつりについて考える。

  1. 商品の代金が800円のとき、おつりを求める式を書きなさい。
  2. 商品の代金がa円のとき、おつりを表す式を書きなさい。

解答1

  1. 1000-800円
  2. 1000-a

練習問題2

次の式を、文字式を書くときのきまりにしたがって表しなさい。

  1. a×4
  2.  b× (-5)×a
  3. x×x×x
  4. (x+y)×(x+y)×a×(-1)

解答2

  • 積は、乗法の記号×をはぶいて書く。
  • 数は文字の前に書く。
  • 文字はふつうアルファベット順に書く。
  • かっこに入った式は1つの文字と考える。また, -1 との積では1をはぶく。

<解答>

  1. 4a
  2. -5ab
  3. x3
  4. -a(x+y)2
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク