【中学地理】南アメリカ州の練習問題

スポンサーリンク

南アメリカ州の練習問題

次の説明文を読んで、次の問いに答えなさい。

<説明文>
・ブラジルは、 ( 1 )の輸出に国の経済 が依存する( 2 )経済の国であったが 近年は( 3 )燃料の原料となるさとう きびなどの生産が増えた。
・ブラジルやアルゼンチンは( 4 )を受け入れ、重化学工業が発達。ボリビアの( 5 )は貴重な資源として注目。

(1) 説明文中の(1)は、ブラジルの輸出品の変化を示した 右のグラフ中のXにあてはまる。(1)にあてはまる農産物は何ですか。

(2) 説明文中の(2)にあてはまる語句を書きなさい。

(3) 説明文中の(3)は、燃やしても計算上は大気中の二酸化炭素量が増えない環境にやさしいエネルギーとして注目されている。(3)にあてはまる燃料を何といいますか。

(4) 説明文中の(4)にあてはまる語句を書きなさい。

(5) 説明文中の(5)にあてはまるリチウムなどの金属の総称を何といいますか。

(6) 右のグラフ中のYにあてはまるものを、次から 選びなさい。
 【衣類 魚介類 鉄鉱石 木材】

南アメリカ州の練習問題解答

(1) コーヒー豆
(2) モノカルチャー
(3) バイオ
(4) 外国企業
(5) レアメタル
(6) 鉄鉱石

バイオ燃料とうもろこしやさとうきびなど、おもに植物を原料としてつくられた燃料。植物は、大気中の二酸化炭素を吸収するため、燃やしても大気中の 二酸化炭素が増加しないため、環境にやさしいエネルギーとして注目され、ブラジルではバイオ燃料を 使った自動車が普及している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました