源頼朝について覚えておくべきこと(中学歴史)

シェアする

スポンサーリンク

源頼朝について覚えておくべきこと(中学歴史)です。1185年に壇ノ浦の戦いで弟の源義経らに平氏をほろぼされた源頼朝は鎌倉で武家政治を始め、全国に守護・地頭を設置することを朝廷に認めさせ、1192年には征夷代将軍に任命された。この武家の政府を鎌倉幕府といいます。

源頼朝について覚えておくべきこと

  • 守護・地頭の設置
  • 封建社会の確立

以上の2つについて詳しくみていきます。

スポンサーリンク

守護・地頭の設置

源頼朝によって、1185年に設置されます。

  • 守護…国ごとに設置し、御家人の監督や軍事、警察などの仕事にあたる。
  • 地頭…貴族や寺社の荘園や国司が治める土地(公領)で、年貢の取り立てや警察の仕事

地頭の台頭

地頭になった武士の農民を勝手に支配するようになりました。地頭と領主との間で争いが起こりました。争いを幕府がさばきます。土地の半分が地頭にあたえられたり(下地中分(したじちゅうぶん))、地頭の一定額の年貢を請け負って、領主におさめたりするようになりました。地頭の権利が強くなります。

  • 下地中分…荘園領主は、地頭の荘園侵略をくい止めようとしますが、やがてむずかしくなり、しかたなく、地頭に荘園の管理権を認めたり(地頭請)、荘園の半分をあたえたりした(下地中分)。

封建社会の確立

封建制度がしかれた社会を封建社会といいます。土地を仲立ちに主従関係が結ばれていました。武士が農民を支配した封建社会は、鎌倉時代から江戸時代末まで約700年間続いた。将軍と御家人とは、領地をなかだちにして御恩と奉公の主従関係で結ばれてました。

  • 御恩…将軍が御家人の先祖伝来の領地を認め、功績があると、新しい土地を与えた。
  • 奉公…御家人が将軍に忠誠をつくし鎌倉や京都の警備にあたり、戦いのときは家来を率いて出陣した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る