【中学公民】民事裁判

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】民事裁判についてまとめています。私人間の争いは、民事裁判で行われます。国や地方公共団体との争いでは、行政裁判となります。どちらの裁判も和解があります。

民事裁判

民事裁判とは、私人間の利害の対立によって起こる争いについての裁判です。

  1. 土地の所有権をめぐる争い
  2. お金の貸し借りをめぐる争い
  3. 離婚や子どもの養育権、相続などの家族間での争い

など

スポンサーリンク

民事裁判での手続き

  • 提訴…自分の権利が侵害されていると考える人が、裁判所に訴えを起こします。
  • 裁判所の審理…訴えた人(原告)と訴えられた人(被告)のそれぞれが 自分の意見を主張し合います。
  • 判決…事件を担当する裁判官は、原告・被告の言い分をよく聞き、証拠や証人を調べて、法にもとづき判決を下します。
  • 訴訟代理人…民事事件では、当事者は訴訟代理人(一般には資格を持つ弁護士がなる)の助けを借りるのがふつうです。各当事者から依頼された訴訟代理人のみで裁判が進められることもあります。

まとめ

民事裁判は、私人の間の争いについての裁判。

  • 原告と被告…裁判所に訴えた人が原告。訴えられた人が被告。
  • 行政裁判…国や地方公共団体を相手とって行う裁判
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る