中1理科「地震の波の速さの計算問題練習」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科「地震の波の速さの計算問題練習」です。地震の問題と言えど、速さの問題なので、「距離÷時間」がベースです。単位は、距離にはkm、速さはs(秒)が使われるのが一般的です。
復習中1理科の「地震の総まとめ」

地震の波の速さの計算問題1

下の図は、ある地震のP波とS波の到着時間と震源からの距離の関係を表したグラフである。これについて、あとの問いに答えなさい。

地震の波

P波とS波の到着時間と震源からの距離の関係グラフ

(1) 震源から20kmはなれた地点で観測された初期微動継続時間は何秒か。
(2) ある地点での初期微動継続時間は、12秒であった。この地点の震源からの距離は何kmと考えられるか。
(3) 初期微動を伝える波の速さは何km/sか。小数第2位を四捨五入して答えなさい。
(4) 主要動を伝える波の速さは何km/s か。小数第2位を四捨五入して答えなさい。

スポンサーリンク

地震の波の速さの計算 解答1

(1)3秒
(2)80km
(3)6.7km/s
(4)3.3km/s

地震の波の速さの計算 解説1

(1)P波が到着してからS波が到着するまでの時間 を初期微動継続時間という。よって、震源から 20 km はなれた地点での初期微動到着時間は、6-3=3秒
(2) 震源からの距離と初期微動継続時間は比例する。求める距離をxkmとすると、20km:3秒=xkm:12秒 x=80km
(3) 初期微動を伝える波はP波である。P波は、20kmを3秒で伝わっているから、P波の速さは、20km-3s=6.66km/s
(4) 主要動を伝える波はS波である。S波は、20kmを6秒で伝わっているから、S波の速さは、20 km-6s=3.33km/s

地震の波の速さの計算問題2

緊急地震速報は、P波とS波の性質の違いを利用し、各地のS波の到着時刻やゆれの大きさを推定して知らせる予報・警報である。ある場所で 10時31分45秒に発生した地震において、震央から16kmはなれた地点Aでは、地震発生から5秒後に発令された緊急地震速報が伝わると同時にS波が到着した。地点Bは、震源から42kmの距離にあり、P波が10時31分51秒に到着した。これについて、次の問いに答えなさい。ただし、P波、S波はそれぞれ一定の速さで伝わるものとし、この緊急地震速報は発令後、瞬時に各地点に伝わるものとする。

(1)この地震のP波の伝わる速さは何km/sか。
(2) 震源から160kmはなれたC地点では、地震が発生してから40秒後に主要動が発生した。この地震のS波の伝わる速さは何km/sか。
(3) 地点Bにおいて、緊急地震速報が伝わってからS波が到着するまでの時間は何秒か。

地震の波の速さの計算 解答2

(1)7km/s
(2)4km/s
(3)5.5秒

地震の波の速さの計算 解説2

(1) 地点Bで、震源からP波が伝わるまでの時間は10時31分51秒 – 10時31分45 秒=6秒で、震源からの距離は42kmである。よって、P波の速 さは、42 km-6s=7km/s
(2)160km-40s=4 km/s
(3) 地点Aでは地震が発生してから5秒後にS波 が到着してることから、地点Aと震源の距離は、4km/s×5s=20kmである。地点Bと地点Aの震
源からの距離の差は、42-20=22kmである。この距離をS波が伝わる時間は、22km-4 km/s=5.5sである。 緊急地震速報は瞬時に伝わるので、地点Bには緊急地震速報が伝わってから 5.5秒後にS波が到着した。

中1地学分野 復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク