中学歴史「奈良時代の農民の税の種類」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「奈良時代の農民の税の種類」についてまとめています。奈良時代は、農民にとって負担があり、農民は重い税を課せられ、口分田を捨てて逃亡する者もいた。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「奈良時代の農民の税の種類」です。

奈良時代の農民

農民は、租・調・庸、雑徭などの税のほか、兵役(皇居を警備する衛士や、大宰府で西国の防備にあたる防人)も課せられたが、それ以外に、調や庸を都に運ぶ義務もあった。調や庸は農民の中から運脚とよばれる人夫が選ばれて運んだが、旅費・食事などは農民の負担だった。

さらに、国司が国の財源を確保するために、農民に稲を貸しつけて、高い利子を取る出挙があり、豊かな農民も私的に出挙を行ったので、農民の生活はたいへん苦しかった。

このため、農民らの中には重い税や苦しい労役からのがれるために、戸籍の性別や年齢をいつわったり、口分田を捨てて逃亡して貴族や寺社の私有民となったり、かってに僧となって税をまぬがれる者もあった。さらには、本籍地をはなれて浮浪する者が跡を絶たなかった。『万葉集』の中に収められた山上憶良の「貧窮問答歌」からは、このころの貧しい農民の生活 のようすをうかがうことができる。

スポンサーリンク

農民のくらし

奈良時代の農民 口分田からの収穫だけでは生活は苦しかった。奈良時代の農民の多くは「たて穴住居」に住んでいたが、 都の周辺では平地式の掘立柱住居に住む者が増えてきた。農民は国から貸しあたえられた口分田を耕し、稲のほか、畑で青菜やナス・ウリなどを育てていたようだが、生活は 苦しかった。食事は玄米(精白してない米)と青菜の汁・塩がおもな献立で、1日2食が普通だった。しかし、鉄製農具の広がりなどによって、稲の収穫量はしだいに増加してきた。

まとめ

人々の身分は、良民と奴婢(奴隷)などの賤民(せんみん)の区別があり、6年ごとにつくられる戸籍に登録されました。貴族は、良民のうち、200人ほどの貴族にさまざまな特権があたえられました。奴婢は、全人口の1割以下で、売買の対象で、子孫も奴婢になりました。

  • 班田収授法…戸籍に登録された6歳以上のすべての人々に、性別や良賤(りょうせん)の身分に応じて、口分田をあたえ、死ぬと国に返されました。
  • 人々の負担…各種の税、防人(九州北部の防衛)などの兵役、労役などの重い負担が課せられ、逃亡する農民を出ました。

あわせて確認

以上が、中学歴史「奈良時代の農民の税の種類」となります。

スポンサーリンク

シェアする