中学理科「熱の伝わり方(伝導・対流・放射)」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「熱の伝わり方」伝導・対流・放射についてまとめています。

熱の伝わり方

熱の移動

熱の移動

熱は発生したところから、まわりに伝わっていく。

スポンサーリンク

伝導

温度が異なる物体が接触しているとき、熱は高温な部分から低温な部分に伝わります。このような熱の伝わり方を伝導という。物体を加熱すると、熱は加熱した部分から順に遠くに伝わる。

対流

気体や液体などが移動して全体に熱が伝わることを対流という。熱を加えられた気体や液体は、熱を加えた部分が膨張し、密度が小さくなり上昇する。そこに、温度の低い部分が流れ込む。これをくり返して全体に熱が伝わる。

放射

物体は、物体の温度に応じて特定のエネルギーをもった電磁波を放出したり、他の物体から放出された電磁波を吸収したりすることで熱を伝える。このような熱の伝わり方を放射という。

まとめ

  • 伝導(熱伝導)…熱が温度の高いほうから低いほうへ移動する現象。金属のように熱伝導率が高いものと、空気のように熱伝導率が低いものがあります。
  • 対流…物体が循環して熱が伝わる現象。加熱された水は膨張して密度が小さくなって上部へ移動し、上部の冷たい水と入れかわります。
  • 放射(熱放射)…高温の物体から出ている赤外線によって、熱が運ばれる現象。熱したアイロンから離れたところにある物体が温まる現象です。

確認中3理科「いろいろなエネルギーとその保存・利用効率」

中1理科 物理分野

以上が、中学理科「熱の伝わり方(伝導・対流・放射)」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク