中学歴史「ペリーの来航」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「ペリーの来航」についてまとめています。ペリーが浦賀に来航し、開国を求めます。のちに、日米和親条約を結び、下田・函館を開港します。

ペリーの来航

中国進出に乗り出したアメリカは、太平洋横別 航路の中継地とするために、日本に開国を求めました。1853年、東インド艦隊司令長官のペリー(1794~1858) が来航し、開国を求めました。

  • 来航…4隻の軍艦を率いたペリーは、琉球などに寄港したのち、浦賀(神奈川県)に来航しました。
  • 国書…ペリーは、日本の開国を求めるアメリカ大統領の国書を幕府に差し出しました。
スポンサーリンク

日本の対応

  • 黒船…人々はペリーの軍艦を「黒船」と呼んでおどろき、おそれました。
  • 幕府の対応…幕府は朝廷に報告し、大名の意見を求めました。これは、国論を統一することが幕府の目的でしたが、結果的には朝廷の権威を高め、有力大名の発言力が強まることとなりました。

日米和親条約

1854年、幕府は、ふたたび来日したペリーと日米 和親条約を結びました。 開港・下田(静岡県)、函館(北海道)の2港を開き、食料・水・石炭などを供給することを認めました。

  • 諸外国との条約…イギリス・ロシア・オランダとも同じような条約を結びました。

まとめ

ペリーが来航します。アメリカは太平洋を越えてアジアとの貿易を望んでおり、日本を太平洋横断航路の中継地にしようとしました。東インド艦隊司令官ペリーが、4隻の軍隊を率いて浦賀(神奈川県)に来航。その際、開国を求める大統領の国書を江戸幕府に差し出しました。

  • 日本和親条約…1854年ペリーとの間に結んだ条約。下田と函館の2港を開港。アメリカ船の食料や水、石炭などの供給を認めました。

確認中学歴史「開国と江戸幕府の滅亡」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る