中3理科「銀河系と宇宙の広がり」

シェアする

スポンサーリンク

銀河系と宇宙の広がり

  • 星座をつくる星…自ら輝く恒星であり、それぞれ距離の異なる恒星の集まりです。
  • 等級…天体(恒星)の明るさの表し方。数値が小さいほど明るく、1等星は6等星の100倍であります。明るい天体はマイナスをつけて表します。地球から見た明るさは恒星までの距離が変わるため、-26.8等星の太陽が地球から約33光年の距離にあるとすると、約5等星という暗い恒星になります。
スポンサーリンク

銀河系

太陽系をふくむ、多数の恒星(約1000億側)や天体からなる大集団です。星座をつくる近くの恒星に対して、遠くの恒星は天の川として見えています。

  • 星団…恒星の集団。(例)すばる星団
  • 星雲…ガスのかたまり。(例)オリオン大星雲
中3理科「太陽系のすがた」
中3理科「太陽系のすがたと惑星の見え方」についてまとめています。太陽系のすがたと惑星の見え方について、恒星や衛星、銀河系などにもふれています…

銀河

  • 銀河…銀河系と同じような天体の大集団(例)アンドロメダ銀河
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る