【中学公民】プライバシーの権利

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】プライバシーの権利についてまとめています。あばかれるプライバシーが問題視されmプライバシーの権利の保障がなされるようになりました。現在では、個人情報保護制度の拡充がされています。

プライバシーの権利

プライバシーの権利は、私生活の情報を公開されない権利です。

スポンサーリンク

プライバシーの権利登場の背景

行き過ぎた犯罪報道や社会記事 により個人の知られたくないプライバシーがあばかれる事態がしば起こり、個人情報の保護が求められるようになりました。

個人情報のコントロール権

1988年に公的機関が持つ個人情報の保護を定めた法律が制定されました。個人情報のコントロール権によりプライバシーの権利は、公的機関の保有する個人のデータについて知り、そのデータが誤っていれば訂正・修正させる権利へと広がりました。

個人情報保護制度

個人情報保護法(2003制定)により、個人情報の慎重な管理を義務づける制度の基本的考え方が示されました。個人情報保護法では、本人の知らない間に個人情報が収集・利用されることが多くなったことから、企業に対しても、個人情報の適切な取りあつかいを義務づけています。

まとめ

個人の私生活に関することが公開されない権利。

  • 個人情報…情報社会では、本人の知らない間に名前、住所、電話番号などの個人情報が流出して、他人に利用される恐れがある。
  • 個人情報保護制度…国・地方公共団体や企業の情報管理者など個人情報を慎重に管理するように義務づけられてる制度。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る