中学理科「乱反射」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「乱反射」についてまとめています。

乱反射

乱反射は、いろいろな方向に反射することである。光を表面がでこぼこしたものに当てると、鏡の面のようにすべての光が同じ方向に反射するのではなく、それぞれの場所の表面のようす(状態)によって、いろいろな方向に反射することです。しかしながら、ひとつひとつの光を見ると、「入射角と反射角が等しい」という関係は保たれている。

身のまわりの物体の多くは表面がでこぼこしているので、光が当たると乱反射する。このため。きれいな像はうつらない。いろいろな方向から物体を見ることができるのは、物体に当たった光が乱反射して、いろいろな方向にすすんでいるからである。

比較全反射は、反射光がガラスは水から空気へ進むとき、入射角を大きくすると屈折せずに境界面で全部反射する現象です。インターネットなどの光通信に使われている光ファイバーは、細いガラスの線で、その中にレーザーを通すと、全反射を繰り返しながら遠くまで光が伝わっていきます。

スポンサーリンク

日常の中の乱反射

よくみがいた金属の表面はきらきらと光りますが、紙などの表面に光が当たっても金属のようにはならない。これは、紙の表面がでこぼこしているため、光が乱反射しているからです。

乱反射まとめ

身のまわりにある物体の表面は、平らのようでも実はでこぼこしています。光が物体にあたると1つ1つの光は反射の法則によって反射しながら、いろいろな方向に反射するため、どの方向から物体が見えるような反射のことを乱反射といいます。

光についての学習

以上が、中学理科「乱反射」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク