中学歴史「元寇と南北朝の動乱」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「元寇と南北朝の動乱」についてまとめています。元寇と南北朝の動乱に関して、鎌倉時代の滅亡、室町時代などにふれています。それでは、中学歴史「元寇と南北朝の動乱」です。

モンゴル帝国の拡大

  • チンギス・ハン…モンゴル民族を統一、モンゴル帝国を建てます。ユーラシア大陸の東西にまたがる大帝国へ。
  • フビライ・ハン…5代目。都を大都(北京)に移し、国号を元に定めます。宋(南宋)を破り中国全土を支配します。
  • モンゴル帝国…陸路・海路を整えました。ヨーロッパからキリスト教を布教する宣教師や商人が訪れます。フビライに仕えたイタリア人のマルコ・ポーロは「世界の記述」(東方見聞録)のなかで、日本を「黄金の国ジパング」と紹介。
スポンサーリンク

元寇

日本を従わせようとするフビライの要求を執権北条時宗が拒否。元が高麗の軍勢とともに攻めてきました。

  • 文永の役…1274年。元軍は対馬・壱岐をへて、博多湾岸(福岡市)に上陸。元軍の集団戦法と火器に対し幕府軍は苦戦しましたが、内紛や暴風雨のため元軍は引きあげます。
  • 弘安の役…1281年。元軍は、御家人の活躍や、海岸に築かれた石塁で上陸できませんでした。暴風雨のため引きあげます。

元との交易は行われていました。銅銭や綿織物、陶磁器などが日本に輸入されました。

鎌倉時代の滅亡

交通が活発になり、海辺に港が栄えます。経済力で豊かになった武士が成長します。経済の活発な近畿地方を中心に、荘園領主や幕府に従わず、年貢をうばう武士(悪党)があらわれました。

御家人は、領地の分割相続によって生活が苦しくなり、土地を失うものが出てきました。幕府は借金を帳消しにする徳政令を出し、御家人の失った土地を返させようとしましたが、あまり効果は上がりませんでした。また、元寇で十分な恩賞が得られなかった御家人の間に、幕府の反感が強まりました。

後醍醐天皇

後醍醐天皇は、政治の実権を朝廷にもどすため倒幕を計画しました。失敗して隠岐(島根県)に流されます。楠木正成などの新興武士や足利尊氏らの有力御家人も倒幕に加わります。1333年、鎌倉幕府を滅ぼします。

南北朝の動乱

建武の新政は、後醍醐天皇による天皇中心の政治です。後醍醐天皇は、武家の政治を否定し、公家(貴族)重視の政策を続けました。これは、武士の間に不満が高まりました。

  • 足利尊氏…武家政治の復活を呼びかけ挙兵。建武の新政は、2年ほどで崩れました。

南北朝時代

  • 北朝…足利尊氏が、京都に新しい天皇を建てます。
  • 南朝…後醍醐天皇は、吉野(奈良県)にのがれます。

室町幕府

足利尊氏が北朝から征夷大将軍に任命され、京都に室町幕府を開きます。主語の権限を強め、武士をまとめようとしました。守護の多くは自分の領地を拡大していきました。京都に幕府が置かれた時代を室町時代といいます。

足利義満

足利義満が3代将軍であり、太政大臣にもなりました。1392年に南北朝を統一します。室町時代は、朝廷の権限を吸収し、全国を支配する唯一の政権となります。京都の室町に御所を建てました。室町時代の由来はもなりました。花の御所とも呼ばれ、京都の文化を象徴しています。

京都の土倉(どそう)や酒屋と呼ばれる金融業者を保護します。幕府は土倉や酒屋からの税によって経済的に豊かになりました。

室町幕府のしくみ

室町幕府のしくみ

  • 管領…将軍の補佐役。有力な守護が任命されました。
  • 侍所…京都を支配し、御家人を統率しました。長官には有力な守護が任命されました。
  • 鎌倉府…鎌倉に置かれ、関東の支配にあたります。

確認中学歴史「院政と執権政治(鎌倉幕府の成立)」

守護大名と地方の動き

守護大名とは地方の守護は、国司の権限を吸収しました。国内の武士をまとめ、独自の支配をするようになりました。武士の中には城や館を築いて領地の支配を強め、一揆をおこして守護大名に対抗するものもいました。

  • 鎌倉府…足利氏の一族が、鎌倉公方として関東を支配しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク