中学歴史「フランス革命と人権宣言」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「フランス革命と人権宣言」についてまとめています。革命前のフランス 聖職者・貴族が特権をもち、平民は苦しい生活をしていた時代に起こった革命です。入試やテストでもよく出題されるところなので、しっかり、その歴史的背景を見ていきましょう。それでは、中学歴史「フランス革命と人権宣言」です。

フランス革命の背景

当時のフランス社会は、国王の専制政治のもとに聖職者・ 貴族・平民(農民や市民)の3つの身分があり、特権身分の聖職者・貴族は土地の30~40%を所有し、免税などの特権を所有していました。一方で、農民は重税に苦しみ,、市民階級は自由な経済活動や政治への参加ができず、社会への批判が高まっていました。

そういう背景の中、市民階級の間には古い社会体制を批判し、人間の解放をめざす啓蒙思想が広まっていきました。またアメリカの独立も、フランスの市民階級に大きな刺激をあたえました。
確認中学歴史「アメリカ独立戦争」

財政難になやむ国王ルイ16世は,、1789年に聖職者・貴族・平民の代表による身分制議会(三部会)を召集し、増税を認めさせようとした。平民代表は、このような議会では意見が取り入れられないとして、一部の聖職者や貴族らと、別に 国民議会を結成したが、国王はこれを武力で弾圧した。

フランス革命

1789年にフランス革命がおこり、国民議会は「人権宣言」を発表>した。

国王の国民議会への弾圧に対して、1789年7月14日パリの民衆がバスチーユ牢獄をおそいフランス革命が始まりました。国民議会は、1789年8月に「人権宣言」を発表して、自由・平等・人民主権などを宣言し、1791年にはフランスで最初の憲法が制定され、議会政治が始まりました。 1792年には、フランス議会(国民公会)は王政を廃止して第一共和政をしき、貴族らの土地を没収して農民に分けあたえ、1793年には、国王夫妻を処刑しました。

スポンサーリンク

フランス革命後

フランスでは諸外国の軍隊による干渉や革命に よる社会の混乱などで、不安定な政治情勢が続きました。 国民に支持され、クーデターで政権をにぎった軍人のナポレオンは,、1804年に皇帝となり、ヨーロッパの大部分を征取しました。そして,、自由・平等などの革命の成果を民法典(ナポレオン法典)に定めて各地に広め、民族の自覚を高めました。

フランス革命の理念はヨーロッパ諸国にとどまらず、その影響は世界中に及んでいきました。

ナポレオン

1812年、ナポレオンがロシア遠征に失敗すると、独立と自由を求めて各国が立ち上がり、敗れていきました。その後、ナポレオンは地中海のエルバ島に流されます。1815年に、一時皇帝に復帰しますが再び敗れ、大西洋の孤島のセントヘレナに流されて、6年後に死亡。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク