中学歴史「勘合貿易」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「勘合貿易」についてまとめています。勘合貿易は、1404年、足利義満は明との間で貿易を始めた貿易です。その勘合貿易について、掘り下げていきます。それでは、中学歴史「勘合貿易」です。

勘合貿易

倭寇の中国沿岸への襲来に苦しむ明は、日本に倭寇の取りしまりと、国交を求めてきた。南北朝の動乱を収めた足利義満は、これを受け入れて倭寇の取りしまりを命じ、明 と国交を開いた。明は日本を属国とみなして朝貢(使節を送り、貢ぎ物をさし出す)形式をとるように要求していました。

スポンサーリンク

足利義満の対応

足利義満は、貿易の利益を幕府の財源にしようと考え、「日本国王臣源」と名のって臣下としての立場をとり、1404年、明との貿易を始めた。この貿易は、正式な貿易船と倭寇を区別するために、勘合という合い札(証明書)が用いられたことから、勘合貿易とよばれます。

勘合貿易の実権

勘合貿易の実権は、初めは幕府がにぎっていましたが、応仁の乱(1467~147年)で幕府の勢力がおとろえてからは細川氏や大内氏など、西日本の有力な守護大名の手に移っていきました。とくに、堺(大阪府)の商人と結んだ細川氏と、博多 (福岡市)の商人と結んだ大内氏が、主導権を争いました。

輸出・輸入品

勘合貿易では、日本から刀剣・銅・硫黄・扇・漆器などが輸出され、明からは銅銭(永楽通宝など)・絹織物・生 糸・陶磁器・書画などが輸入されました。

勘合(符)

明との貿易で, 正式な貿易船 と倭寇を区別するために使用された合い札。日本の貿易船は、幕府から「本字勘合」の左半分をもらい、寧波の港で底簿に墨印された右半分と照合し、正式な貿易船であることが確認されると、北京で交易を行いました。

あわせて確認

以上が、中学歴史「勘合貿易」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク