中学歴史「松平定信(寛政の改革)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「松平定信(寛政の改革)」についてまとめています。松平定信は、封建支配の強化のため寛政の改革を行いました。

寛政の改革(1787~93年)

1787年、11代将軍徳川家斉のもとで新たに老中となった松平定信(徳川吉宗の孫)は、田沼時代の政治を改めるため、徳川吉宗の政治を理想として寛政の改革を始めました。

松平定信は封建支配を強化するために、文武(学問と武芸)をすすめ、幕府の昌平坂学問所では朱子学以外の講義を禁止し (寛政異学の禁)、役人の登用試験も朱子学に限りました。生活に苦しむ旗本・御家人に対しては、質素・倹約を命じる一方で、旗本・御家人が商人(札差)からした借金を帳消しにする法令(棄捐令)を出しました。

スポンサーリンク

天明のききんへの対応

天明のききん(1782~87年)で荒れはてた農村を復興するために、江戸に出かせぎに来た百姓を帰村させ、商品作物の栽培を制限して米などの穀物生産をすすめ、ききん対策として農村に米穀を貯蔵させた(囲米の制)。

1792年には, 根室(北海道)にロシアの使節ラクスマンが来航して通商を求めたましたが、松平定信は通商を拒否するとともに、諸藩にも海岸の防備を強化するように命じました。

そのころ蝦夷地は、松前藩がアイヌの人々に対する支配を強めていましたたが、幕府は海防の必要から、18世紀末には蝦夷地調査のため、最上徳内らを派遣しました。

寛政の改革は、初めは人々に受け入れられたが、改革の内容がきびしすぎて反感をかうようになり、松平定信と11代将軍徳川家斉の対立もおこり、約6年で終わりました。

棄捐令

棄捐令が出されて借金の帳消しされると、小躍りして喜ぶ者もいました。しかし、帳消しの総額はとどけ出があっただけで、約120万両にものぼり、札差に大打撃をあたえました。そのため、その後、旗本や御家人への金融はとどこおりました。

まとめ

老中松平定信が行った政治改革。

  • 江戸に来ていた農民が故郷に帰し、倉を設けて米を蓄えさせる。
  • 湯島に昌平坂学問所を作り、朱子学以外の学問を教えることを禁じ、人材の登用を図る。
  • 倹約令
  • 旗本や御家人の借金を帳消し
  • 政治批判の禁止し、出版統制

あわせて確認

以上が、中学歴史「松平定信(寛政の改革)」のまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク