中学歴史「律令国家と奈良時代」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「律令国家と奈良時代」についてまとめています。律令国家と奈良時代に関して、平城京、奈良時代の人々のくらし、天平文化などにふれています。それでは、中学歴史「律令国家と奈良時代」です。

律令国家の成立

701年、唐の法律にならい、全国を支配するしくみを細かく定めた大宝律令が制定されます。

  • 律令国家…律令にもとづいて政治を行う国家。「律」は、刑罰のきまりで、「令」は、政治を行ううえでのきまりです。天皇と貴族が中心となって運営しています。
  • 中央…神祇官(じんぎかん)と太政官の2官の下に8省。都の警備に五衛府(ごえいふ)。天皇を中心とする政府を朝廷といいます。
  • 地方…国・郡に分け、国には国府を置き、都から国司を派遣。国司の下には地方の豪族を郡司に任命しました。現在の福岡県に大宰府、宮城県に多賀城があり、それぞれ九州地方と東北地方の政治や外交・防衛、軍事にあたりました。
  • 五畿七道(ごきしちどう)…全国を、都周辺の機内と7つの道(国々の集まり)に分けました。都と地方を結ぶ道路を整備します。駅を設け、乗り継ぎ用の馬を用意しています。
スポンサーリンク

平城京

唐の都長安(西安)にならって、奈良盆地北部につくられました。平城宮を北の中央に置き、碁盤の目のように区画。東西2つの市では、各地の産物などを売買されました。このころ日本で最初の銅銭である富本銭がつくられました。唐にならって、和同開珎などの貨幣も発行しました。

奈良時代

人々の身分は、良民と奴婢(奴隷)などの賤民(せんみん)の区別があり、6年ごとにつくられる戸籍に登録されました。貴族は、良民のうち、200人ほどの貴族にさまざまな特権があたえられました。奴婢は、全人口の1割以下で、売買の対象で、子孫も奴婢になりました。

農民のくらし

  • 班田収授法…戸籍に登録された6歳以上のすべての人々に、性別や良賤(りょうせん)の身分に応じて、口分田をあたえ、死ぬと国に返されました。
  • 人々の負担…各種の税、防人(九州北部の防衛)などの兵役、労役などの重い負担が課せられ、逃亡する農民を出ました。

土地の私有と荘園

開墾が奨励され、農民の逃亡や災害によるあれ地の増加、人口の増加により、口分田が不足しました。

  • 墾田永年私財法…743年に、人々に開墾をすすめるために制定しました。貴族・寺院・郡司の私有地を広げ、私有地の事務所や倉庫は「荘」と呼ばれました。私有地が荘園と呼ばれるようになりました。

天平文化

唐の制度や文化を取り入れるためたびたび遣唐使を派遣しました。天平文化は、聖武天皇のことの「天平」年間を中心とする仏教文化です。唐、西アジア、インドなどの文化の影響を受けた国際直豊かな文化です。

  • 東大寺の正倉院…校倉造で、聖武天皇の遺品などをおさめた宝庫で、シルクロードをとって西アジアやインドから伝わった工芸品もおさめられています。

確認高校入試対策・社会「よく出る文化の歴史まとめ」

仏教と社会

  • 聖武天皇と光明皇后(こうみょうこうごう)は、仏教の力にたよって国家を守ろうと、国ごとに国分寺と国分尼寺(こくみんにじ)を建てました。また、都には、東大寺を建て、金銅の大仏をつくらせた。
  • 行基…一般の人々の間で不況。橋や用水路をつくりました。
  • 鑑真…日本にわたろうとして何度も遭難し、盲目になって来日した唐の僧。正しい仏教の教えを広めました。また、唐招提寺(とうしょうだいじ)も建てました。

歴史書と万葉集

  • 古事記日本書紀…神話や伝承、記録などをもとにまとめた歴史書。
  • 風土記…地方の国ごとに、自然、産物、伝説などを記した地理書。
  • 万葉集…天皇や貴族、防人や農民などの和歌約4500首をおさめてあります。大伴家持(おおとものやかもち)がまとめたといわれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク