【中学歴史】飛鳥時代の要点まとめノート

中学歴史「飛鳥時代」についてまとめています。聖徳太子の政治と大化の改新に関して、6世紀ごろの内外の動き、飛鳥文化、律令国家などにもふれています。

スポンサーリンク

飛鳥時代の要点

6世紀ごろの内外の動きとして、

  • 朝鮮半島…百済や新羅や勢力を強めます。伽耶(かや)地域の国々を併合します。
  • 中国…6世紀末に隋が南北朝を統一し、強大な帝国を築きます。
  • 国内…地方は、豪族の反乱があり、大和政権内では、蘇我氏と物部氏が争いが続いていました。

聖徳太子の政治

推古天皇の摂政(天皇が女性の場合はその時に天皇の代理として政治を行う)になり、蘇我馬子と協力して大王(天皇)を中心とする政治制度を整えました。

  • 冠位十二階の制度…冠の色などで地位を区別します。家柄にとらわれず、才能や功績のある人物を役人に取り立てました。
  • 十七条の憲法…役人の心構えを示しました。
  • 遣隋使の派遣…隋の制度や文化を取り入るため、小野妹子を派遣しました。留学生も僧も同行しました。
  • 仏教を広める法隆寺など寺院を建てます。

飛鳥文化

飛鳥文化は、遣隋使渡来人などによって伝えられた中国・ギリシャ・ペルシャ・インドなどの文化の影響を強く受けて、国際性のある文化となっています。

法隆寺金堂の本尊釈迦三尊像点中国の南北朝時代の影響がうかがえ、渡来人の子孫である鞍作鳥(止利仏師)の作といわれています。

大化の改新

聖徳太子の死後、独裁的な政治をしていた蘇我蝦夷・入鹿の親子を中大兄皇子や中臣鎌足(のちの藤原鎌足)らが倒して、新しい政治の仕組みをつくる改革を始めました。 朝廷の組織を整え、権力の集中を目指しました。日本で初めて「大化」という年号が使われました。

律令国家の歩み

天武天皇は、天皇の地位を大幅に高め、都を再び飛鳥に都を移し、律令や歴史書の編さんを命じました。

  • 天武天皇の没後、その皇后が持統天皇として即位。
  • 本格的な都である藤原京をつくる。
  • 律令制度を実施する準備を整える。
  • この頃、日本という国は定められました、

藤原京は、持統天皇が、天皇の権力を強めようとして、大和三山(耳成山(みみなしやま)・畝傍山(うねびやま)・香具山(かぐやま))に囲まれた地に作った。中国の都にならい、道路によって碁盤の目のように区画されています。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました