中学歴史「徳川吉宗(享保の改革)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「徳川吉宗(享保の改革)」についてまとめています。徳川吉宗は、財政再建などのために享保の改革を行いました。その享保の改革に行った内容についてまとめています。それでは、中学歴史「徳川吉宗(享保の改革)」です。

享保改革(1716~45年)

4代将軍徳川吉宗は、家康(初代将軍)の政治を理想として、悪化した幕府財政の立て直し、封建支配の引きしめをめざして、享保の改革を行います。徳川吉宗は、武士に質素・倹約をすすめるとともに、能力のある人材を役人に登用し、「足高の制」を定めて、在任中は役職につりあった禄高(給料)をあたえました。また、裁判の公正をはかるために公事方御定書を定め、庶民の意見を聞くために目安箱を設置しました。

スポンサーリンク

定免法

財政の立て直しのために、町人に出資させて新田開発をすすめたり、年貢の率を引き上げて、豊作・凶作に関係なく一定の年貢を取り立てるようにしました。

上米の制

上米の制を定めて、大名に1万石につき100石(重さで約15t)の米を納めさせる代わりに、藩の財政を圧迫していた参勤交代制をゆるめ、江戸にいる期間を半年に短縮しました。さらに、ききん対策として、青木昆陽にサツマイモの栽培法を研究させ、人々にすすめました。

結果

享保の改革の結果、幕府の財政はいったん立ち直りましたが、年貢の増加や享保のききん(1732年)による米価の上昇などで、人々の生活は苦しくなり、百姓一揆・ 打ちこわしが続発するようになり終焉。

目安箱

目安箱への投書によって、江戸小石川(現在の東京都文京区) の薬園内に養生所が設けられて、貧民の施薬や治療に役立ちました。また町火消「いろは47組」が組織され、江戸の町の防火・消火体制が整えられました。

公事方御定書

1742年、徳川吉宗が裁判の基準を定めるために出した法令。 上下2巻で、下巻は「御定書百箇条」とよばれ、判例や取り決めなどをもとに、刑法や訴訟法などについての規定をもりこんだ。

あわせて確認

以上が、中学歴史「徳川吉宗(享保の改革)」のまとめとなります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク