中1理科「ガスバーナーの使い方」

シェアする

ガスバーナーの使い方

<火のつけ方>
ガスバーナー(中学理科)
ガスバーナーの点火の仕方(火のつけ方)

  1. 上下のねじ(ガス調節ねじと空気調節ねじ)が閉まっていることを確認する。
  2. ガスの元栓を開く。コックがついている場合はコックも開く。
  3. ガス調節ねじを開く前に、ガスバーナーの口に火を近づけておく。
  4. マッチに火をつけ、ガスバーナーの口に、ななめ下から近づける。
  5. ガス調節ねじをゆるめて、ガスに点火する。
  6. ガス調節ねじを回して、適当な大きさの炎になるように調節する。
  7. 空気調節ねじをゆるめ、青色の安定した炎にする。ガス調節ねじを押さえて動かないようにする。

※元栓から順に出口(火が出るところ)に向かって操作します。

<火の消し方>
ガスバーナーの消化は、点火の時は逆の操作をしていきます。つまり、上から順番に閉じていくことになります。

  1. 空気調節ねじを閉める。
  2. ガス調節ねじを閉める。
  3. コック、元栓を閉じる。
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る