中3理科「遺伝の規則性と遺伝子」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「遺伝の規則性と遺伝子」についてまとめています。遺伝の規則性と遺伝子について、メンデルの法則、分離の法則、遺伝子の本体にもふれています。それでは、中3理科「遺伝の規則性と遺伝子」をみていきましょう。

遺伝

  • 形質…生物の特徴となる形や性質。
  • 遺伝…親の形質が子や孫の世代に現れること。
  • 遺伝子…形質を表すもとになるもの。染色体にふくまれます。
スポンサーリンク

生殖のしかたと遺伝

無性生殖では、親の遺伝子をそのまま受け継ぐので、親と同じ形質の子が生まれます。有性生殖では、両親からそれぞれの遺伝子が伝わるため、親とはちがう遺伝子の組み合わせをもつ子ができます。子には両親と異なる形質が現れる場合があります。

  • クローン技術…親と同じ形質をもつ子をつくる技術
  • 純系…親、子、孫と代を重ねても同じ形質になるもののこと

遺伝の規則性

メンデルが行った実験の結果

  1. 子では、すべての個体に両親の一方の形質が現れます。
  2. 孫では、子の両親の一方の形質が現れているものと、もう一方の形質が現れているものとがあります。
  3. 孫での形質の現れ方の比は3:1になっています。

以上が、「形質を伝えるものは、2つ集まって対になっています。両親のこの形質を伝えるものは2つに分かれて、その1つずつが子に伝えられ、子ができるときに新しい対ができる。」とかばえた。

  • 対立形質…丸としわのように、どちらかしか現れない形質どうし。

子の代への形質の伝わり方

丸い種子をつくる形質を伝える遺伝子をA、しわのある種子をつくる形質を伝える遺伝子をaとすると、純系である親の代のエンドウは、AA,aaと表せて、できた子は、すべてAaとなります。Aaの組み合わせでは、Aが伝える形質(丸)しか現れないことを示しています。

  • 優性・劣性…子で現れる形質を、子で現れない形質に対して優性の形質といいます。また、子で現れない形質を、劣性の形質といいます、

孫の代への形質の伝わり方

子がAaのとき、孫にはAA,Aa,Aa,aaという組み合わせになります。aの形質を現すのはaaのみで、孫の代には、Aとaの形質を現す固体の数の比は、3:1となります。

分離の法則

対になっている遺伝子は、減数分裂によって分かれて1つずつ別々の生殖細胞に入ります。

遺伝子の本体

遺伝子としてはたらく物質があります。遺伝子は、染色体にあり、遺伝子の本体はDNA(デオキシリボ核酸)という物質です。遺伝子の変化に関しては、遺伝子は不変でなく、変化して子に伝えられる形質が変わることがあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク