中2理科の「化合(硫化鉄と硫化銅)」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「化合(硫化鉄と硫化銅)」です。鉄と硫黄の化合、銅と硫黄の化合、その化合加熱実験の手順や結果などもまとめています。それでは、中2理科の「化合(硫化鉄と硫化銅)」です。

硫化鉄

鉄と硫黄の混合物の加熱では、鉄と硫黄混合して加熱すると光と熱を出す激しい化学変化が起こります。そして、硫化鉄という物質ができます。化学変化では、いったん反応が始まると加熱しなくても反応が続きます。

鉄と硫黄の混合物は混じっているだけなので、鉄と硫黄の性質は、それぞれそのままです。鉄は、磁石につき、塩酸と反応して、水素を発生します。硫黄は磁石につかず、塩酸と反応しません。

硫化鉄は、磁石につかず、塩酸と反応して硫化水素という匂いのある有毒な気体が発生します。

スポンサーリンク

鉄と硫黄の化合

硫化鉄は、鉄原子と硫黄原子が1:1の割合で結びついた化合物です。鉄と硫黄から硫化鉄ができる化学変化となり、

  • 式は、Fe + S → FeS

鉄と硫黄の混合物の加熱実験

鉄と硫黄の混合物を加熱するとどうなるかを調べる実験です。

<手順>

  1. 鉄と硫黄よく混ぜ、2本の試験管a,bに分けて入れる。
  2. 試験管bの混合物の上部を加熱する。
  3. 混合物の上部が赤くなったら加熱をやめる。
  4. 加熱前後の物質の性質を調べる。
    ・磁石を近づけてみる
    ・少量をとって塩酸に入れて、発生する気体のにおいを調べる。
磁石を近づけたとき 塩酸を入れたとき
加熱前の混合物 引きつけられる においのない気体(水素)が発生する
加熱後の物質 引きつけられない においのある気体(硫化水素)が発生する

<結果>
鉄と硫黄の混合物を加熱すると化学変化が起こって別の物質が生成されることがわかる。

鉄と硫黄の混合物の加熱実験についてまとめると、

  • 鉄と硫黄の混合物を加熱するときは、混合物の上部を加熱する。
  • 混合物を加熱すると光と熱を出して、化学変化が起こる。
  • いったん、化学変化が始まると加熱をやめても化学変化が進む。
  • 非常に温度が高くなって危険なので赤くなり始めたら必ず加熱をやめること。
  • 加熱によって別の物質に変化することは、磁石を近づけたり、物資を塩酸に入れたりすることを確かめられる。
加熱前の混合物 加熱後の物質
磁石を近づける (混合物の鉄が)引きつけられる。 引きつけられない。
塩酸に入れる においのない気体(水素)が発生。 ゆでたまごのようなにおいのある気体(硫化水素)が発生。

硫化銅

  • 銅と硫黄の穏やかな化合…銅板に硫黄の粉末をのせて放置しておくと粉末をのせていた部分が黒くくすみ、硫化銅ができる。
  • 銅と硫黄の激しい化合…硫黄の中に銅線を入れて加熱すると、激しい化学変化が起こり、青みがかった黒色の硫化銅ができる。

銅と硫黄の化合

硫化銅は、銅原子が硫黄原子が1:1の割合で結びついた化合物である。銅と硫黄から硫化銅ができる化学変化。

  • 式は、Cu + S → CuS

硫化…物質と硫黄との化合を硫化といい、硫化によってできる物質を硫化物といいます。鉄や銅などの金属は、酸素と化合して酸化物をつくります。同様に自然界にある多くの金属と化合しやすいため、硫化鉄として存在するものも多いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク