中2理科「硫化銅の化合実験」要点まとめノート

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「化合(硫化銅)」です。銅と硫黄の化合、その化合加熱実験の手順や結果などもまとめています。

硫化銅の実験

  • 銅と硫黄の穏やかな化合…銅板に硫黄の粉末をのせて放置しておくと粉末をのせていた部分が黒くくすみ、硫化銅ができる。
  • 銅と硫黄の激しい化合…硫黄の中に銅線を入れて加熱すると、激しい化学変化が起こり、青みがかった黒色の硫化銅ができる。
スポンサーリンク

銅と硫黄の化合

硫化銅は、銅原子が硫黄原子が1:1の割合で結びついた化合物である。銅と硫黄から硫化銅ができる化学変化。

  • 式は、Cu + S → CuS

物質と硫黄との化合を硫化といい、硫化によってできる物質を硫化物といいます。鉄や銅などの金属は、酸素と化合して酸化物をつくります。同様に自然界にある多くの金属と化合しやすいため、硫化鉄として存在するものも多いです。

化合

鉄と硫黄の混合物の加熱では、鉄と硫黄混合して加熱すると光と熱を出す激しい化学変化が起こります。そして、硫化鉄という物質ができます。化学変化では、いったん反応が始まると加熱しなくても反応が続きます。

  • 燃焼…酸化のうち、火や熱を出しながら激しく進むもの。

鉄と硫黄の混合物は混じっているだけなので、鉄と硫黄の性質は、それぞれそのままです。鉄は、磁石につき、塩酸と反応して、水素を発生します。硫黄は磁石につかず、塩酸と反応しません。

  • 金属の性質…①みがくと光を受けて輝く(金属光沢)②たたくと広がり(展性)③引っ張ると伸びる(延性)④電流が流れやすい⑤熱が伝わりやすい
  • 水素…亜鉛(金属)にうすい塩酸を加える
    確認中1理科の「気体の発生と性質」

硫化鉄は、磁石につかず、塩酸と反応して硫化水素という匂いのある有毒な気体が発生します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る