中2理科「海陸風」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「海陸風」についてまとめています。風は、気圧の高いところから、低いところに向かってふくわけですが、今回は、中でも海陸風について詳しく掘り下げています。それでは、中2理科「海陸風」です。

海陸風

晴れた日に、海岸地方にふく1日周期で風向や風 速が変化する風です。昼間は、同じように日射を受けても、海 水より比熱の小さい陸地は暖まりやすく、陸地は海水より 高温になります。このため、陸上の空気は膨張し、上空で海に向かって流れ出します。この結果、海上では陸上より気圧が高くなり、海から陸へ向かって海風がふきます。

夜間になると、陸地も海水も熱を失って温度が下がるが、比熱の小さい陸地は海水より低温となります。このため、海上の空気が上空で陸に向かって流れ出します。この結果、陸上のほうが海上より気圧が高くなり、陸から海に向かって陸風がふきます。

スポンサーリンク

朝なぎ・タなぎ

海陸風では、昼間と夜間とで風向が反対になります。したがって、風向が入れかわる朝と夕方には、海水と陸地の温度がほぼ等しくなるため、風が一時やみます。これを、それぞれ、朝なぎ・タなぎといます。

季節風

海洋と大陸の間で、1年周期で風向や風速が変化する風です。大陸 は、冬は低温となるため高圧部がで き、夏は高温となるため低圧部ができます。このため、大陸の周辺では、冬は大陸からふき出す風がふき、夏は大陸にふきこみます。このように、季節によって、いちじるしと風向が変化する風を季節風といいます。

風の吹く向きは、気圧の高い方から低い方へ吹く。

  • 風…水平方向の空気の動きのこと。垂直方向の空気の動きは、気流。
  • 空気を動かす力…2点間の気圧の差。
  • 風の吹く向き…気圧の高いこのところから低いところ向かって吹く。
  • 風の吹く強さ…気圧の差が大きいほど強い風が吹く。

風向・風速・風力

  • 風向は、風が吹いてくる方向。普通16方位で表す。北から南へ向かって吹く。風向は、北。
  • 風速は、空気が動く速さのことで単位はm/s。
  • 風力は、樹木とや建物におよぼす影響で表せした風の速さのことで、13段階(風力0~12)に分けた風力階級で表す。

あわせて確認

以上が、中2理科「海陸風」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク