中1理科の「堆積岩と化石」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「堆積岩と化石」です。地層をつくる岩石として、「堆積岩」また、「化石」「大地の変動」についてもまとめています。それでは、中1理科の「堆積岩と化石」をみていきましょう。

地層をつくる岩石

堆積岩は、れき・砂・泥などの堆積物が固まってできたかたい岩石です。粒の大きさによって、れき岩、砂岩、泥岩、成分によって、石灰岩、チャートなどに分けられます。れき岩、砂岩、泥岩は、土砂が流水で運ばれて堆積したものなので、角がとれて丸みをおびた粒が集まっています。

スポンサーリンク

堆積岩一覧

名称 れき岩 砂岩 泥岩 凝灰岩 石灰岩 チャート
堆積物 岩石などのかけら 火山灰、軽石など 生物の死がいなど
特徴 粒の直径が2mm以上 粒の直径が2~0.05mm以上 粒の直径が0.05mm以下 軽石などの火山岩のかけらを多く含む 炭酸カルシウムを多く含む 二酸化軽素を多く含む

石灰岩は、うすい塩酸をかけると泡(二酸化炭素)が出るが、チャートは、うすい塩酸をかけても泡はでません。

堆積岩からわかること

堆積岩からわかることは、れき岩は流れの急な川底や河原で、砂岩は海岸近くの浅い海底で、泥岩は深い海底や静かな海の中で堆積した場合が多いです。凝灰岩は、冬至火山の噴火があったことを示します。

化石

化石は、示相化石と示準化石とよばれるものがあります。

示相化石

地層が堆積した当時の環境を示す化石。限られた環境にしかすめない生物の化石。

(例)

  • シジミ…湖や河口付近
  • ブナ…陸地
  • サンゴ…ごく浅い温かい海

示準化石

地層が堆積した年代を示す目印となる化石。広い地域にわたって住んでいて、短期間栄えて絶滅した生物の化石。

地質年代…地球の歴史の時代区分、年代の新しいほうから新生代、中生代、古生代とよばれます。

5億年前 2.5億年前       5千年前
古生代 中生代        新生代
古第三紀 新第三紀 第四紀
フズリナ アンモナイト ビカリア ナウマンゾウ
サンヨウチュウ 恐竜 デスモスチルス

大地の変動

火山や地震の多い場所として、海のプレートが大陸のプレートに沈み込む場所で地震が起こり、火山(噴火)も海のプレートで沈みこんでいる場所で起こります。地震や火山の帯は、プレートの境目を示しています。

  • 海嶺(かいれい)…海底にそびえる大山脈。ここでつくられた海のプレートが両側に広がっていく。
  • 海溝(かいこう)…海底に溝状にへこんだ地形。海のプレートが沈み込む場所である。

大地の変化と地形

海のプレートが大陸にぶつかると、大陸のプレートに沈み込み海溝をつくります。大陸のプレートどうしがぶつかる場所で、プレートどうしのおし合いが長い間続くと、境目に高い山ができます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク