中2理科「日本の気象と気団の特徴」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「日本の気象と気団の特徴」についてです。日本の気象と気団の特徴に関して、海陸風と季節風、海洋の影響、大気の動きまでふれています。それでは、中2理科「日本の気象と気団の特徴」をみていきましょう。

日本の気象の特徴

日本の周辺では、大陸や海洋などの影響で、きおんや湿度の異なる大きな高気圧が季節ごとに勢力を強め、これらがつくる気団が、日本の気象にも大きな影響を与えています。

確認気団…気温・湿度がほぼ一様な空気のかたまりです。冷たい空気をもつ寒気団と温かい空気をもつ暖気団があります。

スポンサーリンク

日本周辺の気団の特徴

日本の周辺には4つの気団があり、それぞれの気団が、季節によって発達したりおとろえたりするため、日本には季節風がふき、天気が変化します。

気団名 高気圧 発生地 性質 発達する季節
シベリア気団 シベリア高気圧(大陸高気圧) シベリア 寒冷・乾燥
小笠原気団 小笠原高気圧(太平洋高気圧) 北太平洋西部 高温・湿潤
オホーツク海気団 オホーツク海高気圧 オホーツク海 低温・湿潤 初夏・秋
揚子江気団 熱帯の大陸高気圧 長江(揚子江)流域 温暖・乾燥 春・秋

海陸風と季節風

陸は海よりもあたたまりやすく冷えやすい。そのため陸上と海上の空気に温度差が生まれ、風のふき方が変わります。

海風と陸風

  • 日射の強い晴れた日の夜…陸上の気温が海上より高くなるので、気圧は陸で低く、海で高くなり、海から陸に向かう風(海風)がふきます。
  • 晴れた日の夜…陸上の気温が海上より低くなるので、気圧は陸で高く、海で低くなり、陸から海に向かう風(陸風)がふく。

季節風

  • 日射の強い夏…陸上の気温が海上よち上昇し、気圧が下がるので、気圧の高い海から低い陸に向かう風(夏の季節風)がふきます。
  • 日射の弱い冬…放射冷却で陸上の気温が下がり高気圧ができるため、陸から気圧の低い海に向かう風(冬の季節風)がふきます。

海洋の影響

  • 夏…小笠原気団におおわれると、高温・湿潤の性質により、とても蒸し暑くなります。
  • 冬…シベリア気団からふくかわいた北西の季節風は、日本海をわたるときに大量の水蒸気を吸収するので、日本海側に雪を降らせます。雪を降らせて水蒸気が少なくなった空気は、寒冷でかわいた風になって、太平洋側にふき、晴天をもたらします。

大気の動き

  • 偏西風…日本付近の上空にふいている強い西風。この風によって、日本付近では、移動性高気圧や温帯低気圧などが西から東へ移動します。偏西風は、日本の天気の変化と深くかかわっている。

地球をとりまく大気の流れ

地球上では、低緯度、中緯度、高緯度など場所(経度帯)ごとに、それぞれ特徴的な風がふいています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク