中1理科の「光合成と葉のつくりとはたらき」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「光合成と葉のつくりとはたらき」のまとめです。光合成、光合成の実験、光合成で出入りする物質、葉のつくり、葉のはたらきについてまとめています。それでは、中1理科の「光合成と葉のつくりとはたらき」のまとめをみていきましょう。

光合成

光合成とは、植物の葉が日光を受けてデンプンなどの養分をつくるはたらきです。
細胞とは、生物の体を形づくる小さな箱のようなものです。

光合成が行われる場所は、葉の細胞の中の葉緑体であり、光合成には、光が必要です。

スポンサーリンク

光合成の実験

<手順>

  1. アサガオの葉の一部をアルミニウムはくでおおい、光を十分にあてる。
  2. あたためたエタノールに入れて脱色する。
  3. 水洗いしたあと、ヨウ素益にひたす。
  4. 葉緑体にあたった部分が青紫に染まる。

光合成には、光と葉緑体が必要なことがわかります。

対照実験とは、比較のために調べようとすることがら以外の条件を同じにして行う実験のこと。

光合成で出入りする物質

光合成と二酸化炭素の関係において、光合成が行われると二酸化炭素が使われるということを覚えておきましょう。二酸化炭素を使っていることは、「気体検知管」や「BTB液」を使って調べます。

光合成と酸素の関係において、光合成によって酸素が発生するということを覚えておきましょう。

<光合成のしくみ>

  • 水+二酸化炭素→(光)→デンプンなど+酸素

できたデンプンは、水に溶けやすい物質になり体の各部に運ばれ、呼吸に使われたり、果実や種子、根や茎などに蓄えられたりします。

葉のつくりとはたらき

葉脈とは、葉にみられるすじのようなつくり。網目状になっている網状脈と平行になっている平行脈があります。葉のつき方は、多くの日光が受け取れるように、上から見るとお互い重ならないようにできています。

気孔は、葉の表皮の部分にあります。孔辺細胞の間にできたすき間です。ふつう、葉の裏側の表皮に多い。

蒸散

蒸散は、根から吸い上げられた水が、植物の体から水蒸気として放出される現象。このことによって、根からの水の吸収がさかんになります。蒸散による水蒸気の放出はおもに、気孔を通して起こります。大気中の酸素や二酸化炭素なども主に気孔を通して出入りをします。

<蒸散の実験>

  • 油を塗ります。水面からの水の蒸発を防ぎます。
  • ワセリンを塗ります。気孔をふさぎ、蒸散をさせません。

A そのまま水にさしたもの
B 葉の表にワセリンをぬる
C 葉の裏にワセリンをぬる

この場合、水の減り方が多いものから順に並べると、 A→B→Cとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク