中2理科「炭酸水素ナトリウムの熱分解」ポイントまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中2理科の「炭酸水素ナトリウムの熱分解」のポイントについてまとめています。入試でもよく出題される実験の1つです。実験前後の違い、特に色や分解してできた物質の性質などは、しっかり理解していきましょう。それでは、中2理科の「炭酸水素ナトリウムの熱分解」のポイントです。

炭酸水素ナトリウムの熱分解

白い粉末の炭酸水素ナトリウムを熱すると、試験の口に液体のがたまり、気体の二酸化炭素が発生します。試験管に残った粉末は、炭酸ナトリウムです。
炭酸水素ナトリウム

スポンサーリンク

試験管の操作の注意点

過熱した試験管の底に水が流れ込むと、急に冷やされて割れる恐れがあるため、次の2点に注意します。

  • 加熱中、試験管の口は少し下げる
  • 火を消す前に、石灰水からガラス管を抜く。

実験のポイント

炭酸水素ナトリウム→炭酸ナトリウム(白色の粉末)+水(液体)+二酸化炭素(気体)

  • 炭酸水素ナトリウム…水に少し溶ける・弱いアルカリ性
  • 炭酸水ナトリウム…水によく溶ける・強いアルカリ性・
  • 水…青色の塩化コバルト紙が赤色になる。
  • 二酸化炭素…石灰水が白くにごる。

炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムの比較

項目 加熱前の物質 加熱後の物質
物質名 炭酸水素ナトリウム 炭酸ナトリウム
水への溶け方 水に少し溶ける 水によく溶ける
フェノールフタレイン液 薄い赤色 濃い赤色
水溶液の性質 弱いアルカリ性 強いアルカリ性

まとめ

炭酸水素ナトリウムを加熱し次のことを調べる。

<調べること>

  • 発生した気体を調べる。
  • 加熱した試験管の口に生じた液体を調べる。
  • 加熱前と加熱後の固体の性質を調べる。

<注意>

  • 水が逆流しないように火を消す前にガラス管を水槽から出す。
  • 生じた液体が加熱部分に流れないように試験管の口を少し下向きにする。

<結果>

  • 石灰水が白く濁る。発生した気体は二酸化炭素。
  • 青色の塩化コバルト紙が赤色に変わる。生じた液体は水。
  • 炭酸水素ナトリウムは、水に溶けにくく、水溶液にフェノールフタレイン液を加えるとわずかに赤色になる。
  • 加熱後の物体は、水によく溶け、水溶液にフェノールフタレイン溶液を加えると、はっきりと赤色になる。→強いアルカリ性で加熱前と違う物質。
  • 炭酸水素ナトリウムの熱分解は、加熱すると3種類の物質に分解する。

炭酸水素ナトリウム(固体)→炭酸ナトリウム(固体)+二酸化炭素水(気体)+水(液体)

あわせて確認

以上が、中2理科「炭酸水素ナトリウムの熱分解」ポイントまとめとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク