中3理科「日食と月食(原理や頻度など)」

シェアする

スポンサーリンク

中3理科「日食と月食(原理や頻度など)」についてまとめています。定期テストや入試でも散見される用語なので、しっかり理解しておきましょう。それでは、中3理科「日食と月食(原理や頻度など)」です。

日食と月食

地球でも、太陽の光が当たると、太陽と反対側にかげができるように、宇宙空間でも地球や月は、太陽と反対側に長い影をつくります。月のかげが地球にかかる場所では、日食がおこり、地球のかげが月にかかると月食がおこります。

スポンサーリンク

日食と月食がおこる原理

日食も月食も、太陽、月、地球の3つの天体が一直線にあるときにしかおこりません。日食は、新月のときにおこることになり、月食は満月のときにおこることになります。

しかし、毎月のように日食や月食は起こりません。日食は、皆既・部分を合わせると、1年に2回はおこります。一方で、月食は、おこらない年もあります。

これは、月の公転面と地球の公転面(黄道)が約5度傾いているうえに、太陽の引力の影響があるためで、不定期になります。

日食

日食は、太陽・月・地球の順に一直線上に並んだとき、太陽が月に隠されて、太陽の全部(皆既日食)または、一部が欠ける部分日食現象。新月のときに起こることがあります。

月食

月食は、太陽・地球・月の順に一直線上に並んだとき、満月が地球の影に入って、月の全部、または一部が欠ける現象。満月のときに起こることがあります。月が公転することで、地球の影に入り欠け始めます。月全体が影に入る月食を皆既月食といい、このとき月は赤色に暗く光ります。月の一部だけが欠ける月食を、部分月食といいます。

月が満月に見える位置にあるときに月食がおこりますが、月の位置における地球のかげはの大きさは月の大きさの約3倍もあります。そのため、皆既日食が長くても6分程度であるものに対して、皆既月食は1時間以上にも及ぶ場合があります。

あわせて確認

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク