中1理科の「種子をつくらない(シダ・コケ)植物」のまとめ

シェアする

スポンサーリンク

中1理科の「種子をつくらない(シダ・コケ)植物」のまとめです。シダ植物、コケ植物についてまとめています。それぞれの区別をしっかりできるようにしておきましょう。それでは、中1理科の「種子をつくらない(シダ・コケ)植物」のまとめです。

シダ植物

植物には、種子植物のほかに、シダ植物やコケ植物のように趣旨をつくらないなかまがあります。

シダ植物には、

  • 維管束があり、根、茎、葉の区別がある。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまをふやす。葉の裏に胞子のうがあり、その中に胞子が入っている。
  • 日かげやしめりけの多いところに生える。茎は、地中や地表にあることが多い。

シダ植物の例:イヌワラビ、ゼンマイ、スギナ、ヘゴ

スポンサーリンク

シダ植物の観察

<手順>

  1. 全体を観察する
  2. シダ植物の葉は緑色をしています。
  3. 葉の裏に胞子のうがあります。
  4. 葉の裏の胞子のうを乾燥させ、ルーペ(または、双眼実体顕微鏡)で観察する。
  5. 小さくて丸い形をした胞子が飛び出す。

確認中1理科の「生物の観察の仕方・顕微鏡の使い方」

<考察>

  • シダ植物は、葉で光合成する。
  • 地面から出た部分は、全部葉で、茎は地中にあります。

コケ直物

  • 維管束がなく、根、茎、葉の区別がない。
  • 体の表面から水を取り入れている。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまを増やす。雌株と雄株があり、胞子が雌株の胞子のうにできる。
  • 日かげのしめったところに生える。根のように見える仮根は、体を地面に固定するはたらきをしている。

コケ植物の例:ゼニゴケ、スギゴケ

シダ植物とコケ植物の違い

  • シダ植物には、維管束があり、コケ植物に、維管束がない。
  • シダ植物には、葉・茎・葉の区別があり、コケ植物にはない。

植物のなかま分けの手順

<種子のあるなし>
種子があるか。ないか。ある場合は、種子植物。ない場合は、シダ植物か、コケ植物。
根・茎・葉の区別があり、維管束があれば、シダ植物、なければ、コケ植物。

<胚珠のありよう>
種子植物において、胚珠がむき出しの場合は、裸子植物、胚珠が子房の中にあるのが被子植物。

<単子葉類か双子葉類か>
被子植物において、子葉が1枚であれば、単子葉類、子葉が2枚であれば、双子葉類となります。

<花弁のつきよう>
双子葉類のうち、花弁が離れているのが、離弁花。花弁がくっついているのが、合弁花となります。

以上が、中1理科の「種子をつくらない(シダ・コケ)植物」のまとめです。それぞれの区別はもちろんのこと、植物全体の中での、立ち位置(分類の仕方)まで確認んしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク