中2理科「消化酵素のはたらきまとめ」

シェアする

スポンサーリンク

中2理科「消化酵素のはたらき」まとめです。消化酵素は、消化液に含まれ、養分や分解するはたらきをもつ物質ですが、それぞれにはたらきかける物資について学習していきます。それでは、中2理科「消化酵素のはたらき」まとめです。

覚えておきたい消化酵素

スポンサーリンク

アミラーゼ

だ液に含まれ、炭水化物(デンプン)を消化します。

ペプシン

胃液に含まれ、タンパク質を消化します。

トリプシン、リパーゼ

どちらもすい液に含まれ、トリプシンはタンパク質、リパーゼは脂肪を消化する。

胆汁

消化酵素を含んでいませんが、覚えておきましょう。脂肪の消化を助けるはたらきをします。

消化酵素のはたらき

消化酵素は、タンパク質でできているので熱に弱く、高温でははたらかなくなってしまします。ちょうどヒトの体温に近い温度、40℃付近でよくはたらきます。

  • 炭水化物→だ液、すい液、腸液で消化される。
  • タンパク質→胃液、すい液、腸液で消化される。
  • 脂肪→胆汁によって消化を助けるはたらきを受け、すい液で消化される

※「すい液」はデンプン、たんぱく質、脂肪と何でも消化してしまいます。すい臓はインスリンという血糖を下げるホルモンも分泌しています。このインスリンが分泌されない、あるいはインスリンの作用がイマイチなために血糖が高くなる病気が糖尿病です。

消化液と消化酵素の違い

消化液の中には、食物を実際に小さな物質に分解してくれる消化酵素という成分が入っています。

  • 消化液…消化器官から出される液。
  • 消化酵素…消化液に含まれ、養分や分解するはたらきをもつ物質。

食物は、養分として、有機物の炭水化物(デンプンなどエネルギーのもと)、脂肪(エネルギーのもと)、タンパク質(体をつくるもとなど)のほか、ビタミンや食塩、カルシウムなどの無機物が含まれていいます。

テンプンに対するだ液のはたらきの実験

<手順>

  1. 試験管Aにはデンプン溶液とだ液、試験管Bにはデンプン溶液と水を入れて混ぜ合わせ、36℃くらいの水に10分間入れておく。
  2. A,Bの液をそれぞれ2本に分け、一方はヨウ素液を加え、もう一方はベネジクト液を加えて熱し、それぞれの色の変化を見る。

<結果>

ヨウ素液 ベネジクト液
Aの液 変化なし 赤褐色ににごる
Bの液 青紫色になる 変化なし

<考察>
だ液を入れた試験管だけで、ヨウ素液に反応せず、ベネジクト液に入れて加熱すると赤褐色ににごることから、デンプンが分解されたことがわかる。

確認中2理科「消化と吸収・排出」

以上が、中2理科「消化酵素のはたらきまとめ」です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク