【中学歴史】律令国家の成立

【中学歴史】律令国家の成立についてまとめています。

スポンサーリンク

律令国家の成立

701年、唐の法律にならい、全国を支配するしくみを細かく定めた大宝律令が制定されます。

律令国家とは、律令にもとづいて政治を行う国家。「律」は、刑罰のきまりで、「令」は、政治を行ううえでのきまりです。天皇と貴族が中心となって運営しています。

・中央…神祇官と太政官の2官の下に8省。都の警備に五衛府。天皇を中心とする政府を朝廷といいます。
・地方…国・郡に分け、国には国府を置き、都から国司を派遣。国司の下には地方の豪族を郡司に任命しました。現在の福岡県に大宰府、宮城県に多賀城があり、それぞれ九州地方と東北地方の政治や外交・防衛、軍事にあたりました。
・五畿七道…全国を、都周辺の機内と7つの道に分けました。都と地方を結ぶ道路を整備します。駅を設け、乗り継ぎ用の馬を用意しています。

平城京

唐の都長安(西安)にならって、奈良盆地北部につくられました。平城宮を北の中央に置き、碁盤の目のように区画。東西2つの市では、各地の産物などを売買されました。このころ日本で最初の銅銭である富本銭がつくられました。唐にならって、和同開珎などの貨幣も発行しました。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました