【中学公民】裁判の定期テスト対策予想問題

【中学公民】裁判の定期テスト対策予想問題です。

スポンサーリンク

裁判の定期テスト対策予想問題

次の各問いに答えなさい。
(1)民事裁判において、①訴えた人、②訴えられた人を、それぞれ何といいますか。

(2)刑事裁判において、①訴えた人、②訴えられた人を、それぞれ何といいますか。

(3)2009年から重大な刑事裁判では、裁判官でなく国民が裁判の審理や判決に参加する制度が始まった。この制度を何といいますか。

(4)次の図は、裁判所の仕組みを示したものである。図中の➊~➎にあてはまる語句を答えなさい。
裁判問題図

(5)(4)の➊➋のように、日本では、裁判のやり直しができる制度がある。なぜこのような制度があるのか、簡単に答えなさい。

(6)被疑者・被告人は、取り調べの際に、自分に不利なことは話さなくてよい権利が認められている。この権利を何といいますか。

(7)次の資料は、日本国憲法の司法権に関する規定である。この原則を何といいますか。

(資料)日本国憲法第76条3項 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。

裁判の定期テスト対策予想問題解答

(1)①原告 ②被告
(2)①検察官(検事) ②被告人
(3)裁判員制度
(4)➊告訴 ➋上告 ➌簡易裁判所 ➍高等裁判所 ➎最高裁判所
(5)審理(裁判)を慎重に行うことで、冤罪をなくすため(人権を守るため)
(6)黙秘権
(7)司法権の独立

コメント

タイトルとURLをコピーしました