中学歴史「最澄と空海(平安時代の新仏教)」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「最澄と空海(平安時代の新仏教)」についてまとめています。平安時代の新しい仏教が伝わり、唐から帰国した最澄は天台宗を、空海は真言宗を広めました。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「最澄と空海(平安時代の新仏教)」です。

最澄と空海

805年、唐(中国)から帰国した最澄(伝教大師)は、比叡山(滋賀県)に延暦寺を開いて天台宗を広めた。いっぽう、806年に唐から帰国した空海(弘法大師)は、高野山(和歌山 県)の金剛峰(案)寺や東寺(京都市)で真宗を広めた。最澄と空海は、804年に、遣唐使とともに唐に留学して、仏教を学んだ。

天台宗や真言宗は奈良仏教とちがって、政治からはなれ、山中での修行を重んじ、国家の平安を祈ることを目的としていた。桓武天皇は、最澄の天台宗を保護し、嵯峨天皇は、空海の真言宗を保護した。両宗は以後、朝廷や貴族の信仰を集めて栄え、貴族のためにまじないや祈り(加持祈とう) を行うようになった。このような仏教を密教とよんでいる。

スポンサーリンク

平安時代初期の文化

平安時代初期には、密教の影響を受けた文化が栄えました。平安時代の初期には唐風文化が全盛となり、漢文学が栄え、漢詩文や書道は貴族の教養とされ、菅原道真や空海が文人としても活躍した。

また、新しい仏教(密教)の影響を受けて、寺院は山中に建てられるようになり、神秘的な仏教美術が栄えた。室生寺(奈良県)の五重塔や金堂、観心寺(大阪府)の如意輪観音像などが、この時代を代表する遺産として有名である。

まとめ

平安時代の804年以降に、新しい仏教を唐から最澄と空海が伝えます。

  • 最澄…比叡山に延暦寺を建て、天台宗を広めます。
  • 空海…高野山に金剛峯寺建て、真言宗を広めます。
比較 最澄 空海
宗教 天台宗 真言宗
比叡山 高野山
延暦寺 金剛峯寺
場所 滋賀・京都 和歌山県
生まれ 滋賀 香川
教え 誰でも仏になれない 誰でも仏になれる

2人とも、桓武天皇のときの遣唐使に従って、唐(中国)に渡り、新しい考えの仏教を学んで帰りました。

あわせて確認

以上が、中学歴史「最澄と空海(平安時代の新仏教)」となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク