【中学理科】溶解度と再結晶を求める定期テスト対策予想問題

【中学理科】溶解度と再結晶を求める定期テスト対策予想問題

スポンサーリンク

溶解度と再結晶を求める定期テスト対策予想問題

表は、100gの水に溶けるホウ酸の質量と、水の温度との関係を表しています。あとの問いに答えなさい。

水の温度(℃)20406080
100gの水に溶けるホウ酸の質量(g)4.98.914.923.6

(1)20℃の水500gには、ホウ酸は何g解けるか求めよ。

(2)80℃の水50gには、ホウ酸は何g解けるか求めよ。

(3)60℃の水200gにホウ酸20g溶かして水溶液をつくった。
①この水溶液には、あと何gのホウ酸を溶かすことができるか求めよ。
②この水溶液の温度を20℃に下げると、何gの結晶が出てくるか求めよ。

(4)40℃の水600gのホウ酸を限度まで溶かし、飽和水溶液を作った。
①この水溶液の質量パーセント濃度は何%か。四捨五入して整数で求めよ。
②この水溶液の温度を20℃に下げると、何gの結晶が出てくるか求めよ。

溶解度と再結晶を求める定期テスト対策予想問題の解答・解説

(1)24.5g

水の量が5倍になっているので、
4.9×5=24.5gとなる。

(2)11.8g

水の量が半分になっているので、11.8g

(3)
①9.8g 

水が2倍になっているので、29.8gまで溶かすことができる。
よって、29.8-20=9.8g

②10.2g

水が2倍になっているので、9.8gまで溶かすことができる。
よって、あふれ出す結晶=20-9.8=10.2g

(4)
①8% 
濃度式解説
よって、8g

②24g

8.9×6=53.4g
4.9×6=29.4g
53.4-29.4=24

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました