【中学公民】三権分立に関する練習問題

スポンサーリンク

三権分立に関する練習問題

次の説明文を読んで、あとの問いに答えなさい。

国の立法・行政・司法の権力を、国会・内閣・裁判所が独立して担当たがいに抑制し合い、均衡を保つことによって、権力の行き過ぎを防いでいる。たとえば、国会の衆議院の内閣不信任決議権に対しては、内閣の衆議院(   )権、国会の裁判所に対する弾劾裁判と内閣による裁判官の採用に対しては裁判所の違憲審査権というように、バランスがとられている。

(1) 文中の(   )にあてはまる語句を書きなさい。

(2) 下線部aのしくみを何といいますか。

(3) 下線部bについて、内閣は裁判官の指名や任命を行うが、内閣が指名する裁判官はどのような裁判官ですか。

(4) 下線部cについて、次の問いに答えなさい。
1 この権限はどのようなものか簡単に説明しなさい。

2 この権限を持つ裁判所として正しいものを、次のア~エから1つ選びなさい。
ア 最高裁判所と高等裁判所
イ 最高裁判所と地方裁判所
ウ 最高裁判所と簡易裁判所
エ すべての裁判所

3 この違憲の判決を最終的に決定する権限を持つ最高裁判所は、特に次のように呼ばれている。(   )にあてはまる語句を書きなさい。

「憲法の(   )」

三権分立に関する練習問題

(1) 解散

(2) 三権分立

(3) 最高裁判所長官

内閣は最高裁判所の長官を指名する。その他の裁判官を任命する。

(4)
1:法律や国の行為が憲法に違反していないかどうかを審査する権限。
2:エ
3:番人

違憲審査権はすべての裁判所にある。

要点 【中学公民】三権分立のしくみポイントまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました