中学公民「三審制」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「三審制」についてまとめています。三番割は、裁判を公正・慎重に行い、裁判の誤りを防ぐ制度です。この制度について詳しく記述しています。それでは、中学公民「三審制」です。

スポンサーリンク

三審制

三審制
判決に不服な場合、上訴によって原則として3回まで織判が受けられる三審制を採用している。 この制度は、裁判を公正・慎重に行い、人権の保障と裁判の誤りを防ぐことを目的とする制度である。

判決に不服のある場合に、上位の裁判所に訴えることを 上訴といい、上訴には控訴と上告がある。

控訴

第一審の判決に対する上訴。つまり、第一審の判決に不服のある場合、次の上位の裁判所に裁判のやり直しを求めて訴えることをいう。

  • 民事裁判の場合…簡易裁判所の判決に対する控訴は地方裁判所に、地方裁判所の判決に対する控訴は高等裁判所に行う。
  • 刑事裁判の場合…控訴はすべて高等裁判所に対して行う。地方裁判所は控訴審は行わない。

上告

第二審の判決に対する上訴。つまり第二審の 判決に不服のある場合、次の上位の裁判所に裁判のやり直しを求めて訴えることをいう。

  • 特別抗告…裁判所の命令、決定に対して、違憲を理由として最高裁判所に上訴すること。
  • 特別上告…高等裁判所の判決に対して、違憲を理由として最高裁判所に上告すること。
  • 跳躍上告…下級裁判所の下した第一審の判決に対して違憲・違法を理由に控訴を省略して、最高裁判所に申し立てる上告をいう。民事訴訟の場合は飛躍上告ともいう。

まとめ

三審制

裁判を慎重に行いに、人権を守るため、同一の事件に対して3回目の裁判を受けられる仕組み。第一審の裁判所の判決に納得できない場合、第二審の裁判所に控訴し、さらに不服があれば上告できます。

あわせて確認

以上が、中学公民「三審制」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク