中1理科「生物分野まとめポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中1理科「生物分野まとめポイント」についてまとめています。

中1理科生物

スポンサーリンク

花のつくり

  • 柱頭…めしべの花柱の先。
  • 子房…めしべの根もとのふくらんだ部分
  • 胚珠…子房の中にある小さな粒
  • やく…おしべの先の小さな袋。花粉が入っている。

種子植物

種子植物は、種子でなかまをふやす植物。

  • 被子植物…胚珠が子房の中にある種子植物。(例)アブラナ、エンドウ、サクラ
  • 裸子植物…子房がなく、胚珠がむき出しになっている裸子植物。(例)マツ、イチョウ、スギ、ソテツ

確認中1理科の「花のつくりと花のはたらき」のまとめ

種子をつくらない植物

シダ植物

  • 維管束があり、根、茎、葉の区別がある。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまをふやす。葉の裏に胞子のうがあり、その中に胞子が入っている。
    日かげやしめりけの多いところに生える。茎は、地中や地表にあることが多い。

コケ植物

  • 維管束がなく、根、茎、葉の区別がない。
  • 体の表面から水を取り入れている。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまを増やす。雌株と雄株があり、胞子が雌株の胞子のうにできる。
    日かげのしめったところに生える。根のように見える仮根は、体を地面に固定するはたらきをしている。

確認中1理科の「種子をつくらない(シダ・コケ)植物」のまとめ

茎と根のつくり

  • 茎…植物の体を支え、根から吸収した水や無機物と、葉でつくられた養分が移動する通り道になっています。
  • 道管…根から吸収した水や水に溶けた無機養分の通り道。
  • 師管…葉でつくられた養分(有機養分)の通り道。
  • 維管束…道管と師管の集まり。 茎の維管束は葉につながり、葉の維管束を葉脈といいます。

  • 主根と側根は、茎から直接のびた太い根を主根、手根から出る細い根を側根といいます。(例)アブラナ、ヒマワリ、タンポポ、ナズナ
  • ひげ根は、茎の根もとから広がるたくさんの細い根。(例)ツユクサ、スズメノカタビラ、イネ、ヒヤシンス
  • 根毛は、根の先端近くにある。細い毛のようなつくりです。根毛によって、土にふれる面積が大きくなり、水や水に溶けた無機養分が効率よく吸収されます。

確認中1理科の「茎と根のつくりとはたらき」のまとめ

葉脈とは、葉にみられるすじのようなつくり。網目状になっている網状脈と平行になっている平行脈があります。葉のつき方は、多くの日光が受け取れるように、上から見るとお互い重ならないようにできています。気孔は、葉の表皮の部分にあります。孔辺細胞の間にできたすき間です。ふつう、葉の裏側の表皮に多い。

光合成

光合成とは、植物の葉が日光を受けてデンプンなどの養分をつくるはたらきです。

確認中1理科の「光合成と葉のつくりとはたらき」のまとめ

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク