中学理科「生態系(生産者と消費者)」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「生産者と消費者」についてまとめています。

生態系

あるまとまった地域に生活するすべての生物と、その地域の水・温度・光・土壌・空気(CO2・O2など) などの環境要素をまとめて生態系学とよぶ。生態系を構成する生物は、生産者、消費者、分解者に分けることができる。

スポンサーリンク

生産者

植物は、光合成によって有機物をつくるので生産者とよばれ、つねに食物連鎖の最初に位置している。

消費者

動物は、生産者のつくった有機物を消費するので消費者とよばれる。動物のなかには、草や木の葉、果実・種子などを食べる草食動物、草食動物を食べる肉食動物、さらにその肉食動物を食べる肉食動物など、さまざまな種類がある。そのため、消費者は一次・二次・三次消費者…に分けられる。

<生産者(光合成を行う生物)>

  • 一次消費者(草食動物) …ウサギ・バッタなど
  • 二次消費者(小型肉食動物)…カエルなど
  • 三次消費者(大型肉食動物)…ヘビなど

<分解者(動植物の死がい ・排出物を無機物に分解する生物)>

  • 土の中の小動物
  • 細菌類
  • カビ・キノコなど

まとめ

  • 生態系…ある環境の中で、そこに生きる生物と生物どうしやその環境との関連性を1つのまとまりを見たものです。
  • 食物連鎖…食べる・食べられるという関係による生物間のつながり。
  • 食物網…食べる・食べられるの関係は、複雑にいりくんだ網目状のものになっています。
  • 生産者…生態系において、無機物から有機物をつくるもの。植物は、生産者です。海洋では、植物プランクトンがおもな生産者です。
  • 消費者…つくられた有機物を食べるもの。動物は消費者です。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る