高校受験対策・中学社会「よく出る国名」

シェアする

スポンサーリンク

高校受験対策・中学社会「よく出る国名」についてまとめています。国名は、首都名と地図上での場所のほかに、その国の概略とセット覚えるといいです。それでは、高校受験対策・中学社会「よく出る国名」です。

よく出る国名

スポンサーリンク

中国

中国では、人口が世界最大の国ですが、工業の発達した沿岸部に集中していて、開発が進んでいない内陸部から働きに出る働きもあります。政府は、人口の移動されるとともに、人口そのものをおさえるため、一人っ子政策を推進してきました。人口の9割は漢民族ですが、少数民族の住む地域に自治区を設置しています。

  • シンガポ-ル…世界経済のハブ(大まかにいえば、発信地)の役割を担いつつある。
  • インド…IT産業の発展が目覚ましく、メガベンチャーには、多くの役員や技術者がいる。

確認中学地理「アジア州」

ロシア

アジアとヨーロッパにまたがる広大な国がロシアです。国土面積は日本の145倍で東西の両端の時差は9時間です。大半が亜寒帯で、シベリアの冬は極寒です。

  • フランス…EU最大の農業国。小麦の生産量・輸出量は世界有数(どちらも5位)。
  • オランダ…園芸農業が盛んで、酪農によりチーズなどを生産。
  • イタリア…地中海式農業は、ぶどう、オリーブは世界有数の生産。
  • ポルトガル…インド航路を発見。バスコ・ダ・ガマが1498年インドにわたる。
  • スペイン…イタリア人のコロンブスの航海を援助。コロンブスは1492年、大西洋を横断し、カリブ海の海に到達。マゼランは、部下が船隊を引きつぎ、1522年、世界一周を達成。
  • イギリス…国力が高まり、世界の自由主義を広める。
  • ドイツ…ビスマルクが富国強兵を進め、1871年に統一。

確認中学地理「ヨーロッパ州」

南アフリカ共和国

かつては、「アパルトヘイト(人種隔離政策)」によって少数の白人が多数の黒人を支配しました。1990年代の初めに廃止され、1994年には、初めて黒人が大統領になりました。現在でも白人と黒人の間には経済的な格差があります。

  • エジプト…石油製品・液化天然ガス・原油が豊富。
  • コートジボワール…石油製品・カカオ・原油が豊富。
  • ケニア…アフリカ東部の赤道直下にあるコーヒーや茶の栽培がさかんな国

確認中学地理「アフリカ州」

アメリカ合衆国

面積は、日本の約25倍で、首都はワシントンD.Cです。西部の険しいロッキー山脈と東部のながらかなアパラチア山脈の間に降水量が少なめのグレートプレーンズという広大な平原とそれより降水量が多いプレーリーという草原があります。五大湖の南に広がる中央平原からメキシコ湾へ、アメリカ最長のミシシッピ川が流れます。大西洋側の平野に人口が多く政治・経済の中心となる大都市が集中しています。
確認中学地理「北アメリカ州」

ブラジル

熱帯林破壊とその影響があらわれています。世界の熱帯林の約3分の1は、アマゾン川流域など南アメリカに集中しています。かつての熱帯林の姿ですが、先住民が自給のために採集や森林や草原を焼き払って灰を肥料にする焼畑農業を行う以外、手つかずでした。その後、熱帯雨林の開発が行われます。19世紀末にマナオス中心に、ゴムの大農園が開かれ、20世紀後半には大規模開発が始まります。大きな道路が作られ、沿道の熱帯林が広範囲に切り出されて、輸出され、跡地は輸出用中心の牧場や農地になりました。

  • アルゼンチン…ラプラタ川流域の広がるパンパ(草原)は世界的な農業地帯。
  • ペルー…かつて栄えたインカ帝国の遺跡が多く残る。金の生産量は世界一。2008年の調査では、漁業の生産量世界第2位。
  • チリ…南アメリカ大陸の太平洋側に南北に長く連なる国
  • ベネズエラ…南アメリカ最大の産油国。輸出の上位は石油・石油製品がしめている。
    鉱産資源に頼る国が多い(モノカルチャー経済)

確認中学地理「南アメリカ州」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク