中学社会の勉強法「暗記の仕方」

シェアする

スポンサーリンク

中学社会の勉強法「暗記の仕方」についてまとめています。

社会の暗記の仕方

社会の勉強には、暗記は必要です。しかし、暗記は社会の勉強のスタート地点なのです。 スポーツでいえば、準備運動みたいなものです。準備運動は、やりたい種目の「準備」です。

スポンサーリンク

社会の暗記は何の「準備」か

  1. 「調べること」
  2. 「考えること」
  3. 「議論すること」

の準備であるという認識が必要です。この3つは、「調べたり読み取ったり説明するためには、さまざまな知識が必要になる」ことから起因しています。つまり、この状態になるとテストで得点ができます。しかも、忘れることはありません。

どうやって覚えればいいの?

知識はどうやって覚えればいいのでしょうか。 ここで気をつけてほしいのは、みなさんの考えている一問一答方 式では、「ある程度」までしか覚えられないということです。

社会の暗記は、「用語や年号」を答えるだけでは不十分です。大切なのは、「ストーリーを語ることができるか」です。 例ええば、「江戸幕府についてどれだけ語れるか」「平安京についてどれだけ語れるか」になります。用語を見て、それを説明する文章を答える、つまり、みなさんの イメージをしている一問一答方式の「逆」なのです。

用語だけ頭に入れていても、あまり多くは語れません。 中学社会は1年生と2年生で「歴史」と「地理」を並行して学び、 3年生で「歴史」を終わらせた後に「公民」を学ぶカリキュラムが多いですが、どれを選んでも用語だけでは多く語れません。

因果と比較

語るときに意識してほしいのは「因果関係」と「比較」です。 たとえば、先ほどの「平安京遷都」について。 「因果関係」でいえば、「何が原因で、平安京に遷都されたのか」です。 「比較」でいえば、「平城京とどう違うのか」です。また、歴史分野でいえば、5W1H (When (いつ)、Who (だれが)、 What(何を)、Where (どこで)、Why(なぜ)、How(どのように) したのか)でまとめてみるのも大切です。

さらに

暗記したものというのは、調べたり、考えたり、議論したりする ために必要な「道具」(もしくは「武器」)のようなものなのです。実は、社会の勉強で、最も大切なことは、「できる限り早く教科書やノートの外に出る」ということです。暗記は、教科書やノートの「中」でもできます。しかしながら、調べたり、 考えたり、議論したりするのは、教科書の「外」に出なければなりません。できる限り早く「外」に出るためには、教科書やノートの知識は 効率的に覚えて、短時間ですませなければなりません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク