【中学公民】社会権と生存権

シェアする

スポンサーリンク

【中学公民】社会権と生存権についてまとめています。社会権は、人間らしい生活の実質的保障であり、そこには、健康で文化的な最低限度の生活保障があります。

人間らしい生活の保障

学問の自由が保障されていても、貧しい人は学費の高い上級学校へ進学して学問をすることはできません。職業選択の自由があっても、失業者や高齢者、病気に苦しむ人は、仕事について収入を得ることは困難です。そこで、さまざまな社会的不平等をなくし、人間らしい生活をすべての人々が営むことのできる権利を国が保障すべきであるという考えが生まれました。

スポンサーリンク

社会権

20世紀はじめ、第一次世界大戦後のドイツで、社会権を保障するワイマール憲法が制定されました。この歴史を土台に、日本国憲法は国民が人間として豊かに生きるための諸条件の確保を国に要求する権利として、社会権の保障を定めました。
確認中学公民「日本国憲法と人権の歴史」

生存権

人間らしい生活を実質的に保障する社会権の中心となる権利です。

  • 憲法第25条1項…すべての国民に「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利である生存権を保障しています。
  • 憲法第25条2項…国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない

と定め、国民 の生活水準を豊かにすることを、国に義務づけています。

生存権を保障していくための制度

  • 生活困窮者のために…病気や失業などで現実に生活に困っている 人々にとって、生存権は重要です。国は生活保護法という法律を定め、何らかの事情で生活困難になっている人々に対して、人間として最低限度の生活を保障しています。
  • 人々の安定した生活のために…国は老齢年金や障害年金、健康保険などの社会保障制度を整えています。
  • 少子高齢社会と生存権保障…日本は、世界にもまれなスピードで高齢社会に突入し、高齢者が不安なく自立した生活が送れるように年金・保険制度を改革することが、生存権保障の緊急の課題となっいます。その中で介護が必要な高齢者などを対象に介護保険制度が創設され、2000年から実施されています。

まとめ

  • 社会権…人間らしく生きるために必要な生活の保障を国に求める権利。日本国憲法は、生存権、教育を受ける権利、勤労の権利、労働基本権を保障しています。
  • 生存権…憲法第25条が保障しています。健康で文化的な最低限度の生活を営む権利。保障のため、生活保障制度を整備。少子高齢化社会到来で年金制度の整備の確立が急務です。2000年に、介護保険制度開始。
  • 教育を受ける権利…能力に応じて、等しく教育を受ける権利。保障のために義務教育を無償に。

確認中学公民「基本的人権」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る