【中学国語】指示語の問題の解き方のポイント

スポンサーリンク

指示語が指す問題

指示語は、指示する語句で、具体的な名称の代わりに、物や場所を指し示す言葉です。

<例>

  • この写真をみてください。
  • あそこに見える建物が、東京タワーです。
  • どちらへいけばいいのだろう。

指示語のはたらき

文をつなぐはたらきがあり、文中の語句や内容、文全体を差し出すことによって、前後の文をつなぐはたらきもします。

<例>机の上に写真があります。それは、家族で旅行したときのものです

指示語一覧

種類事柄場所方向状態指定
話し手の近くこれこここちら/こっちこんな/こうこの
聞き手の近くそれそこそちら/そっちそんな/そうその
話し手・聞き手から遠いあれあそこあちら/あっちあんな/あああの
表すものが不明どれどこどちら/どっちどんな/どうどの

指示語の解き方

事後の内容は、原則として、指示語より前の文や段落の中からにあります。

  • 文の初め…直前の文の中の語句や内容を指すことが多いです。
  • 文の途中…同じ文の中の語句や内容を指すことが多いです。

指示内容をとらえる手順

  1. 指示語のある文を読み、前後関係から指示語が何を指しているかをつかみます。
    (例)勉強にはやる気が必要だ。それがないと続かない。
  2. あてはまる内容を、指示語の「直前」でなければ、「それ以前」、それでもなければ「あと」の順序で探します。指示内容はたいてい指示語の前にあるが、あとにある場合もあります。
  3. 見つけた内容を指示語にあてはめて、文脈が通るかどうかを確かめる。
スポンサーリンク

まとめ

  1. 段落の要点をつかむには、中心となる内容を述べた部分と、それを支える説明部分(具体例や理由など)とを読み分けます。
  2. 「たとえば」は、例示の接続語。要点をまとめるときは、筆者が最も言いたい内容を捉えるために、具体例やたとえをつかっている部分は除く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました