【中学公民】市場と価格の練習問題

スポンサーリンク

市場と価格の練習問題

次の説明文を読んで、あとの問いに答えなさい。

 市場での商品の価格は、商品に対する需要量と供給量の関係によって変化する。一方、少数の大企業が生産や販売市場を支配している寡占産業では、少数の企業が足なみをそろえて価格や生産量を決めることになりがちである。こうして価格競争が弱まると、不利益をこうむるのは消費者である。そこで、競争をうながすための法律がつくられている。
市場経済では、すべての価格が市場で決められるわけではない。国民生活にあたえる影響の大きいサービスの価格(料金)は、国会や政府が決定・認可している。

(1) 下線部aについて正しく述べているものを、次のア~ウから1つ選びなさい。
ア需要量と供給量が一致すると、価格は上がり続ける。
イ 供給量が需要量をうわ回ると、価格は上がる。
ウ 需要量が供給量をうわ回ると、価格は上がる。

(2) 下線部bについて、この法律のことを何といいますか。

(3) 下線部Cについて、次の問いに答えなさい。
1 このようにして決められる価格(料金)を何といいますか。
2 このようにして決められる価格(料金)にあてはまらないものを、次のアからエから1つ選びなさい。
ア 郵便料金 イ 鉄道運賃 ウ 新聞購読料 エ 電気料金

市場と価格の練習問題解答

(1) ウ

アは、需要量と供給量が一致すると価格は安定し、変動しなくなる。イは、供給量が需要量を上回ると価格は下落する。

(2) 独占禁止法

(3) 1公共料金 2ウ

新聞購読料は新聞社が独自で決定する価格である。

要点 【中学公民】市場経済のしくみ要点まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました