中学歴史「辛亥革命と中華民国の成立」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「辛亥革命と中華民国の成立」についてあmとめています。孫文の指導で、1911年、辛亥革命がおこります。翌年の1912年、アジア初の共和国である中華民国が成立します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学歴史「辛亥革命と中華民国の成立」です。

辛亥革命

中国では、列強諸国による侵略に対抗する動きが強まり、腐敗した清朝を倒して漢民族の独立を勝ちとり、近代国家をつくろうとする革命運動がさかんになっていた。1905年、東京で孫文(広州での決起に失敗し,このころ日本に亡命していた)を総理とする中国同盟会が結ばれ、この革命運動の中心勢力となった。

スポンサーリンク

孫文

三民主義を唱え、民族の独立と近代国家建設を目指す革命運動の中心となりました。民族主義・民権主義・民生主義の三民主義を唱えて革命運動を指導し、のちに「中国革命の父」とよばれた。
確認中学社会・公民「入試によく出る思想家」

革命の広がり

1911年7月、清政府が外国から資本を借りて民間鉄道を国有化しようしたことが発端となって、四川省( 国中南部)で民衆の反政府運動がおこった。こうした民衆の動きに応じて、1911年10月、中国南部の長江中流域の信(現在の武漢)で軍隊が反乱をおこし、ここに辛亥革命が始まった。革命運動はまたたく間に全国に広がり、24省のうち14省 が清朝からの独立を宣言した。

中華民国の成立

1912年1月1日、革命軍は南京を首都として中華民国の 成立を宣言し、孫文を臨時大総統にむかえた。これは、アジアで最初の共和国であった。これに対して清政府は、軍閥の袁世凱に革命政府を討つように命じたが、袁世凱は孫文と手を結んで、1912年2月 清朝最後の皇帝の宣統帝(薄儀)に退位をせまって、300年ほど続いた清朝を滅ぼした。その翌月、袁世凱は、孫文を退けて中華民国大総統とな自都を北京に移して革命派を弾圧し、議会を無視して独裁的な政治を展開した。袁世凱の死後、各地の軍閥が独立した地方政権のようになり、広州に本拠地をおいた孫文も1919年に中国国民党を結成して軍閥に対抗した。

このころのアジアの動き

  • 1910年…日本、韓国を併合
  • 1911年…辛亥革命(武昌の新軍が蜂起)
  • 1912年…中華民国成立(孫文、南京 で臨時大総統に就任)
  • 1915年…中国、日本のニ十一ヵ条要求を認める。
  • 1919年…朝鮮で三・一独立運動、中国で五・四運動起こる/インド、ローラット法公布
  • 1921年…上海で中国共産党結成

まとめ

  • 孫文…三民主義を唱え、民族の独立と近代国家建設を目指す革命運動の中心となりました。
  • 辛亥革命…長江上流域で民衆の反政府運動が起こる。武漢で軍隊が反乱起こし、革命運動は全国に広がり、多くの省が清から独立を宣言。孫文を臨時大統領として初めて最初の共和国である中華民国が建設される。首都は南京。
  • 清の実力者の袁世凱が孫文と手を結び、清の皇帝を退位させ、清が滅びました。大統領になると独裁的な政治を行いましたが、袁世凱が死後、各地の軍閥がばらばらに支配するようになりました。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク