中学理科「示準化石と示相化石」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「示準化石と示相化石」についてです。どっちがどっちということで迷う学生も多い化石ですが、そんなときは、漢字から連想するといいでしょう。準=基準とする時代がわかり、相=相手ということでその化石の環境がわかると連想すると覚えやすいのではと思います。それでは、中学理科「示準化石と示相化石」です。

示準化石

地層が堆積した年代を示す目印となる化石。広い地域にわたって住んでいて、短期間栄えて絶滅した生物の化石。示準化石としては、広い範囲で生息し、短期間で絶滅した化石が望ましいです。

  • 地質年代…地球の歴史の時代区分、年代の新しいほうから新生代、中生代、古生代とよばれます。
5億年前 2.5億年前 5千年前
古生代 中生代 新生代
古第三紀 新第三紀 第四紀
フズリナ アンモナイト 猿人類の出現 ビカリア ナウマンゾウ
サンヨウチュウ 恐竜 デスモスチルス マンモス
  • 古生代…約5億から約2.5億年前までの時代。海洋中や待機中の酸素が増加し、気候も温暖になり、急激に生物の種類が増加した。大型なシダ植物、昆虫、裸子植物、両生類、は虫類も出現した。
  • 中生代…約2.5億から5000年前。被子植物が出現したのもこのころ。
スポンサーリンク

示相化石

地層が堆積した当時の環境を示す化石。限られた環境にしか生息できない生物の化石。示相化石として、決まった環境で生息し、比較的長期間に栄えた生物の化石が望ましい。

(例)

  • シジミ…湖や河口付近
  • ブナ…陸地
  • サンゴ…ごく浅い温かい海
  • ホタテガイ…冷たい海
  • アサリ…わりあい浅い海

地層分野の復習

以上が、中学理科「示準化石と示相化石」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク