中学理科「硝酸の性質」

シェアする

スポンサーリンク

中学理科「硝酸の性質」についてまとめています。

硫酸の性質

硫酸の分子式と電離では、硫酸の分子式が、H2SO4で、水溶液中での電離式は、H2SO4 → 2H+ + SO42-となり硫酸イオンという。

スポンサーリンク

無色

無色で、不揮発性の酸であり、三酸化硫黄という固体と水から生成したものなので、加熱しても気体は生じない。そのため、不揮発性の酸とされる。

水に溶かす

濃硫酸は密度が大きく、水にとかすと発熱する。濃硫酸を水でうすめる場合は、冷却しながら水に徐々に濃硫酸を加える。

濃硫酸

濃硫酸には脱水性、吸湿性がある物質内にふくまれる水素原子と酸素原子を2:1の割合でとり去る性質を脱水性、物質にふくまれる水分をとり去る性質を吸湿性(吸水性)とよぶ。希硫酸(うすい硫酸)は強い酸性を示す。これに対して、濃硫酸はほとんど酸性を示さない。

硫酸バリウム

塩化バリウム水溶液に加えると白色の沈殿を生じる白色の沈殿は硫酸バリウムである。硫酸バリウムは水に溶けにくい塩です。中和が起こった後は、電離して水に溶けている状態ではなく、むずびついて白い物質として沈殿します。硫酸と水酸化バリウム水溶液を完全に中和させると、水溶液中にはイオンがまったく存在しない状態になります。つまり、電流が流れなくなることも覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク