中学公民「衆議院の優越」

シェアする

スポンサーリンク

中学公民「衆議院の優越」についてまとめています。衆議院は、議決の価値と権限の範囲で参議院に優越します。そのあたりについて、詳しく記述しています。それでは、中学公民「衆議院の優越」です。

衆議院の優越

衆議院の優越を設けている根拠は、参議院に比べて、衆議院は任期が短く解散もあるため、国民の意思をより的確 に反映すると考えられているためである。衆議院の議決が参議院の議決より重くみられるものには、以下のようなものがある。

スポンサーリンク

法律案の議決での衆議院の優越

  • 参議院が異なる議決をした場合…衆議院で3分 の2以上の賛成で再可決すれば法律となる。両院協議会を開いて両議院の意見の一致をはかってもよい。
  • 参議院の議決が遅れた場合…60日以内に議決しないときは衆議院の再可決で成立する。

予算の議決と条約の承認での衆議院の優越

  • 参議院が異なる議決をした場合…両院協議会を開いても意見が一致しないときは、衆議院の議決が国会の議決となる。
  • 参議院の議決が遅れた場合…参議院が衆議院から予算や条約を受け取って30日以内に議決しないときは衆議院の議決が国会の議決となる。

内閣総理大臣の指名での衆議院の優越

  • 参議院が異なる議決をした場合…両院協議会を開いても意見の一致が得られないときは、衆議院の指名の議決が国会の議決となる。
  • 参議院の議決が遅れた場合…衆議院の指名の議決後、10日以内に参議院が指名の議決をしないと 衆議院の議決が国会の議決となる。

衆議院だけに認められている権限(権限の範囲におい 衆議院の優越には、次のようなものがある。

  • 予算の先議権・予算を国会に提出する場合…必ず先 に衆議院に提出しなければならない。この衆議院の予算先議権は、大日本帝国憲法でも定められていた。
  • 内閣信任・不信任の決議権…衆議院は、内閣の信任・不信任の決議を行うことができる。

両院協議会の組織と仕事

両院協議会は、各議院で選ばれた10名ずつの協議員で構成され、両議院間の異なった意見を円満に調節する。妥協案が成立すれば、各議院で審議され議決される。 予算の議決、条約の承認 内閣総理大臣の指名について、両議院の意見が異なったときは、必ず開かれる。一般の法律案の議決について、両議院の意見が異なったときは、衆議院の請求があれば開かれる。

まとめ

衆議院の優越

  • 予算の先議…予算は衆議院が先に審議する。
  • 予算の議決…参議院が衆議院と異なった議決をした場合、両議院議会でも意見が一致しないとき。
  • 条約の承認…参議院が衆議院と異なった議決をした場合、両議院議会でも意見が一致しないとき。
  • 内閣総理大臣の指名…参議院が衆議院と異なった議決をした場合、両議院議会でも意見が一致しないとき。
  • 法律案の議決…参議院が衆議院と異なった議決をした場合、衆院院が出席議員の2/3以上の多数決を再可決したとき、法律になります。
  • 内閣不信任の決議…衆議院のみが行うことができる。

衆議院の優越が認められている理由は、参議院は、任期の短く、解散があります。国民とより強く結びついている衆議院の意思を優先させて、国会の意思形成をしやすくするため。

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク