中学歴史「尊王攘夷運動」

シェアする

スポンサーリンク

中学歴史「尊王攘夷運動」についてまとめています。尊王攘夷運動は、幕府の対外政策への不満があり、高まりました。その後、大老井伊直弼暗殺され、公武合体策が実行されました。

尊王攘夷運動

  • 尊王攘夷…朝廷を中心として(尊王)、外国人を排除しよう(攘夷)という主張を尊王攘夷といいます。

尊王攘夷運動とは、幕府は外国の要求に譲歩ばかりしているとして、幕府への不満と尊王攘夷を主張する声が高まりました。

スポンサーリンク

安政の大獄

大老の井伊直弼は、開国に反対した尊王攘夷派の大名や公家などを処罰しました。

  • 処罰された人々…吉田松陰(1830~59)、橋本左内(1834-59)らが処刑されたのをはじめ、尊王攘夷派の大名、公家らが処罰されました。
  • 桜田門外の変…安政の大獄で幕府への反感がさらに強まり、井伊直弼が桜田門外で水戸藩、薩摩藩の浪士におそわれ、殺されました。
  • 公武合体策…幕府は公武合体策で朝廷との融和を図りました。

攘夷の実行

朝廷や長州藩などは強硬に攘夷を主張しました。

  • 攘夷の命令…朝廷や大名に攘夷の実行をせまられた幕府は、やむなく攘夷決行の日を定め、全国に攘夷を命令しました。
  • 外国船砲撃事件…最も強硬な攘夷派だった長州藩は、下関海峡を通りかかったアメリカ商船、フランス艦などの外国船を砲撃しました。
  • 幕府の対応…幕府は、攘夷運動がこれ以上高まり、外国との関係がこじれたり、自らの権威が失われることをおそれました。
  • 尊王攘夷派の追放…幕府は、天皇や薩摩藩の支持を取りつけ、攘夷派の公家や長州藩士を京都から追放しました。

まとめ

  • 尊王攘夷運動の高まり…天皇を結ぶ尊王論と外国の輸出を排除しようとする攘夷論が結びついて尊王攘夷論運動が起こりました。
  • 安政の大獄…大老の井伊直弼が幕府に反対した大名や武士、公家らは処罰。吉田松陰らを処刑。
  • 桜田門外の変…安政の大獄に反発した水戸藩の浪士たちが井伊直弼を暗殺。幕府は朝廷との融和を図る公武合体政策を進めました。
  • 攘夷の実行…長州藩は朝廷を動かして、幕府に攘夷の実施を約束させました。薩摩藩士がイギリス人を殺傷(生麦事件)。これにより、イギリス艦隊が報復攻撃を行いました(薩英戦争)。
  • 薩長同盟…坂本龍馬の仲立ちで薩摩藩と長州藩が同盟を結び、倒幕をめざす。

確認中学歴史「開国と江戸幕府の滅亡」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク
トップへ戻る